2011/6/3  7:00

北海道移住 初釣行♪  ホッケ

taropapa1964 http://twitter.com/taropapa1964
6月3日 つぶやきまとめ


15:11
エサ釣りの部、終了??♪4匹でした(^^)v http://t.co/FVwFqsH
2011/06/03 Fri 15:11 From Twitter for Android
クリックすると元のサイズで表示します


09:42
早朝ルワーの部、ホッケ×2で終了??(^^) http://t.co/n5gwBfr
2011/06/03 Fri 09:42 From Twitter for Android
クリックすると元のサイズで表示します


06:24
日本海でサクラ調査なう。予想通りホッケゲット??(^_^;) http://t.co/pi1tl2a
2011/06/03 Fri 06:24 From Twitter for Android
クリックすると元のサイズで表示します


--------------------------------------------------------------------------
2011年6月3日(金)4:00〜9:15 日本海、12:00〜15:00 半島
引越が済んでも、片付けとか手続きにかかるので、釣りは自粛してました。でも、でも、3週間も経ったら、そろそろ行ってもいいですよね?

家の窓から見える徒歩3分のところにある北海道大手釣具店で情報をもらい、仕掛けやエサをすべて仕入れて、行ってきました〜♪

夜中に移動して、朝マズメは海サクラの調査、移動して釣具屋さん情報のホッケ釣りというコースです。もっと近くに海があるから、そのへんでできへんのかと思いますが、まずは確実に釣りたいので、情報のあるホッケをメインにして、ホッケ方面に比較的近い場所での海サクラ調査をしようという、ちょっと弱気の方針です(^_^;)

とはいえ、ブログを始める前の2005年に、海サクラ狙いで釣りに来たことがある思い出の場所です。全く知らない場所へ行くより、少しでも知っている場所にした方が、釣りやすいでしょ?

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場から海を眺めます。あの低い磯の先っぽまでウェーダーを履いて歩いて行きます。2005年の時は、知らないからウェーダーを持って行ってなくて、中途半端な途中で釣りをしたので、今回は少し可能性が高い、ハズ?o(^^)o


クリックすると元のサイズで表示します
釣り場に到着しました。まだ先があって、そこまで行っているルアーマンが一人見えます。ちなみに、ここまででたっぷり30分かかりました(*_*)


クリックすると元のサイズで表示します


サクラマス用のタックルなんて持ってませんから、シーバスタックルの流用です。シーバスタックルですが、青物(イナダ)狙い専用で使っていたシーホークの10フィートのML、カルディア3000、ファイヤーライン16LB。ルアーはショアラインシャイナーSL14。こんなデカイルアー、なかなかシーバス用に使えませんが、いっときデカイルアーでシーバス狙ってた事があったので、そん時のストックです。北海道へ来たら、更にデカイ17なんてのが普通に売ってて、ビビりましたけど(^_^;)

ルアーローテをしながら、ひたすら投げ続けます。何事もない時間が過ぎていきますが、30分に1回ぐらいの割合で水面がざわつきます。小規模のナブラ、モジリ・・・そのたびにテンションが上がって、ドキドキしっ放しでした!

5時スタートして30分後ぐらいに、少しルアーが重くなりました。引かないので、海藻でも引っ掛けたかと思って、ガシガシ巻いてみると、

クリックすると元のサイズで表示します


ホッケがついてました(^_^)

ローソクじゃなくて、30オーバーのハルボッケってやつですか?ロッドパワーがあるので、これぐらいのサイズじゃ、引きが分からないですね〜(*_*)

なんにせよ、北海道移住初釣果です!ホッケでも、ルアーで釣ったってとこが嬉しいじゃないですか♪
7時半ぐらいで止めようかと思っていたのですが、7時25分頃、ちょっとダラダラし始めていて、赤金のGIGを巻いていて、そろそろピックアップしようとしてロッドをルアーの方向へ向けたところで、水中でギラッ!

ガガガ、ゴンッ!・・・(沈黙)

ギラついた瞬間に水中のサクラマスと目が合い、食いつく瞬間もはっきり見えたのに、ロッドの方向を変えていたために食い込まなくて、バイトの衝撃を直接ファイヤーラインを通してリールで受けてしまいました。ロッドティップの柔らかさで吸収できていれば、ヒットまで持って行けていたかと思うと、残念です(T_T)

ピックアップ寸前のバイトなんて、よくあることですから、そこで気を抜いたこっちが悪いんですけど、それにしても悔しい〜(ToT)

7時半撤収の予定はあっさり変更して、釣り続行です!(^_^;)

ほどなく、今度はハッキリとしたアタリがあり、しっかりフッキングはしましたし、ちゃんと引いてますが、サクラマスではなさそうな軽い引き・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ホッケを追加です(^_^)

さっきより若干小さめですが、こいつの方が元気ありますね!

その後、すっかり朝マズメでもなくなっていたので、8時半ぐらいで引き揚げようかと考えていると、8時28分に目の前でナブラ発生!テンションあがって、キャストを繰り返します!!!!

30分投げ続けて変化がないので、9時には止めようと思って、最後の1投を投げた9時ちょうど、投げたポイントのすぐ横でモジリ発生!!!ベストポイント!ジャストタイミング!

でも、何事もなく、さすがにそのあとはあまり延長せず、3投だけして撤収しました(^_^;)

移動は半島を回り込むようになりますが、ついつい観光もして、景色を見ながらダラダラ移動しました。途中、道の駅があったので、ちょっと休憩。

クリックすると元のサイズで表示します
オスコイかもえないと言うそうです。周りに何にもない所へ、ポツンと建ってます。まだ新しそうで、きれいです。


クリックすると元のサイズで表示します
定番の干物乾燥機が回ってました。中に入ったら、焼いたのもあるかもしれませんが、お客さんが誰もいないみたいで、入りづらいので、パス(^_^;)

トイレだけ借りていきましょう・・・


クリックすると元のサイズで表示します
すごくきれいで新しいトイレでした。こんなところで、このレベルはすごい!夏になると、結構お客さんが来るのかな?駐車場も広かったし。

観光地って、意外とトイレのメンテナンスが悪かったりするものですが、ここは全然大丈夫ですね。今度ヨメさんと観光で回る時も、利用しようっと♪

せっかくですから、良さそうなポイントをチェックしていきましょう。いくつか覗いているうちに、こんな光景に遭遇してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


釣り番組か何かの撮影のようです。遠目に見ても、誰だかわかりませんが、確か近所の釣具屋さんで今週末はイベントがあって、かの児島玲子さんが来る事になっていましたから、もしかして・・・

邪魔をしてはいけないので近寄りませんでしたが、遠くからでもエギをシャクッているのが分かります。しかも、アオリ狙いじゃないソフトなシャクリ。イベントはライトエギングのはずでしたから、ビンゴかもしれません♪

※果たして、ビンゴでした。後日イベントに参加して、児島玲子さんではなく、魚鬼和魚さんに直接訊きました(^_^)v

クリックすると元のサイズで表示します
さて、目指す港に着きました。

他にもいろいろ見ながら来ましたが、平日の真昼間でもあり、ほとんどの釣り場で釣り人は見えず、居てもさっきの児島玲子さんみたいにパラパラとしか釣り人は居なかったのに、ここは大盛況です。入る場所に困るぐらい、均等に並んでいます。

人が多い=よく釣れている。

の図式を当てはめて、ほくそ笑んで近づくと、一番端のおじさんがホッケを釣り上げました。その隣のおじさんも釣り上げました!これは、良いタイミングで着いたかな?\(^o^)/

冷静になってしばらく見ていると、さっきの二人のおじさんしか釣ってません。他の人達は、暇そうにしています。場所で釣果に差がでるようですね。

コマセで寄せて釣るタイプなので、二人のおじさんのコマセの撒き方、釣り方が上手いだけかもしれませんが。

しかし、そこで釣りをしている人全員が、投げ釣りです。胴付仕掛けにコマセカゴや網をつけて、チョイ投げで狙っています。チョイ投げですが、竿は立派な4m以上ある投げ竿です。

僕は、釣具屋さんで買った全部出来上がっているフカセ釣り仕掛け。ちょっとみんなと横に並んで釣るのは、難しそうです。チョイ投げと言っても、磯竿でフカセ釣りでは届きません。

堤防の港内側の手前の方に少しでっぱりがあって、そこは空いています。行ってみると、コマセを使った形跡があるので、僕はここで一人頑張ってみることにしました。

いつもはルアーや弓角やエギをメインにしていて、エサ釣りと言えば、ニジマスのブッコミ釣りか、ソウダのバクダン釣りか片浜仕掛けしかやっていないので、フカセ釣りなんて初めてですσ(^_^;)

中学生のころ、フナ釣りをやったことがありますが、こんなドングリ浮きなんて、まったくの初体験!どうなる事やら・・・

更に、風が強くて、寒いです。ただでさえ慣れていない5.3m1.5号の磯竿なのに、風で煽られる煽られる・・・

それでもメゲずに頑張ります。

12時スタートで、13時ごろ、待望のアタリ!ドングリ浮きがスパッと引き込まれました!

フライフィッシングのインジケーターをつけた時のようにピシッとしたアワセが決まりました!投げ竿と違って、磯竿1.5号ですから、30cmぐらいのホッケといえども、よく引いて面白いです♪せっかく寄ったホッケですから、ポイントから外してせーのでゴボウ抜き〜!

クリックすると元のサイズで表示します


朝方ルアーで釣ったホッケと同じく30cmちょいのハルボッケです(^_^)v

フカセ釣りをよく知らないので、コマセ袋もつけてやってました。正しくは、フカセ釣りではコマセ袋はつけないものなのでしょうか?

それから、また釣れなくなってしまいました。

最初、付けエサはマグロの切り身にしていましたが、オキアミに変えていました。よくエサを盗られるんですが、アタリが分かりません。

さらに1時間ぐらい、エサばかり盗られ続けていました。ずっとクーラーに腰かけて釣っていましたが、あまり釣れないので、立ち上がって見ると・・・

コマセにホッケが群れているのが見えます(@_@)

付けエサのオキアミも見えます(@_@)(@_@)ミズガキレイナンデス

あ、食うのが見えた!

ピシッ!グングングングン・・・

ドングリ浮きには、ほとんどアタリが出ないのに、食いつく瞬間を見て合わせたら、バッチリ合いました。初心者用のお任せ仕掛けなので、ドングリ浮きの浮力が大きすぎるのかもしれません。沈み込むまで待たずに、ちょっとした動きでも合わせてみましょう。

ピシッ!グングングングン・・・

ドンピシャです♪\(^o^)/

更にもう1匹(^_^)v

ここまで、3匹入れ食いです。目の前でホッケがヒラヒラと群れているのが見えます。さっきのおじさんたちは、アタリが無くなってしまったようです。

気持ちいい〜(^_^;)

でも、さっきまで出ていた太陽が陰り、急に風が出始めた途端、アタリが無くなってしまいました。ホッケの乱舞もパッと見えなくなり、沈黙が始まりました。波っ気があった方が、警戒心が無くなってよく釣れるかと思いましたが、今回は逆。全く釣れなくなってしまいました。

30分後ぐらいに小さなアタリが出始めたんですが、なかなか乗らず、やっとの思いで掛けてみると、

クリックすると元のサイズで表示します
ウグイ様でした〜(^_^;)

魚が入れ替わったみたいなので、15時ぐらいに無理やりコマセを使い切って、撤収しました。



クリックすると元のサイズで表示します


エサ釣りの釣果は、結局これだけです。ドングリ浮きの使い方を、もっと早く理解していたら、もっと釣れたと思うんですが・・・(*_*)

クリックすると元のサイズで表示します


全体の釣果です。35cmを超えるやつもいて、なかなか良かったです♪

深夜から移動して、帰り着いたのは夕方で、そこから魚を捌いて料理して、なので、初日は手の込んだものはできません。

クリックすると元のサイズで表示します


とりあえず1匹捌いて、お造りにしました。ホッケの刺身なんて、内地では絶対食べれないので、何をおいても、まずお造りです♪

今日釣ったばかりで、生きてるうちにナイフで締めてクーラーに入れて持ち帰ってますから、身がまだいかってます。ここは分厚く切らずに、薄造りでいきましょう!

脂も乗ってて、ウマーい!(@_@)

クリックすると元のサイズで表示します
1匹分のアラなので、潮汁です。

食後に他の5匹も捌いて、それぞれ下拵え。



翌日の晩御飯〜♪

クリックすると元のサイズで表示します


昆布締めです。ホッケは、身の中に脂が溶け込んでいるタイプなので、どこを食べても美味しいですね〜(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
アラはグラグラと煮立てて、濃い出しを取ります。




クリックすると元のサイズで表示します
黄金の出しですね♪




クリックすると元のサイズで表示します
身はすり鉢であたってすり身にして、




クリックすると元のサイズで表示します


つみれ汁〜♪

つみれ汁好きなんですぅσ(^_^)

クリックすると元のサイズで表示します
ホッケと言えば、開きでしょう!初日はピチットに包んで冷蔵庫保存して、翌日は天気が良かったので、天日の力をお借りします!



クリックすると元のサイズで表示します
良い出来に仕上がりました!



クリックすると元のサイズで表示します


塩だけじゃなくて、すこーし醤油も入れてみました。良い塩梅です〜(^_^)v

クリックすると元のサイズで表示します


やると思った?
ホッケの出しで作った醤油ラーメンです。具にはホッケのつみれ。

もう、定番中の定番になってきました(^_^)

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ