2006/12/30  23:28

歳末メバミー  釣行記

恒例歳末メバルミーティングに参加してきました。
メバルドットネットの仲間達で、適当にメバルを釣ったあと、ガツンとメンラーを食べる催しです。30日にもなると、お店もほとんど開いてませんので、デニーズになってしまいましたが(;_;)

北風がひどく、厳しい釣りでしたが、隊長殿にヒミツのリグを戴いて、なんとかメバルを2匹釣る事ができました(^_^)v
クリックすると元のサイズで表示します

2006年12月30日(土)20:30〜21:00 J

海のルアー釣り、特にワームでメバルを釣る事を覚えたのは、「メバル・ドット・ネット」というHPと出会ったからです。

インターネットを覗くようになって、最初に出会ったのが「湘南の浦島さん」で、次が「メバル・ドット・ネット」でした。メバル釣りに対する真面目な態度と向上心、そして仲間同士の連帯感と遊び心。勉強になることばかりで、僕の釣りに対する姿勢に大きな影響を与えています。

年に何度かオフラインミーティングを行いますが、その中のひとつ、歳末メバルミーティング。年も押し迫った頃に、いつもやっています。例年、僕は当日仕事で、翌日も仕事というパターンで、職場から直行で釣りに行っています。

冬になると、このパターンがどうしても増えます。だって、ほら、寒いから、夜通し釣りしたり、野宿したりして、永眠してしまうと困るし(^_^;)

その為に、メバル用のコンパクトロッドを色々漁っていますが、まだ満足できるものはありません。最初のうちは、トラウト用しかありませんでしたが、最近は、メバル用のものも出てきました。まあ、これだけ流行っていても、普通の2ピースのメバルロッドでさえ、十分満足できるものには出会えてませんから、仕方ないですね。

あ、念の為に書いておきますが、30kを超えるような竿は、僕の対象ではないので、そういう世界には、もっといいものがあるかもしれません(^_^;)

それやこれやで、仕事が終わり、急いで現地へ向かいます。お、携帯にメールが入りました。おっちゃん殿からです。電車なら、迎えに行くよ、というものでした。渡りに船で、お言葉に甘えて迎えに来ていただきました。駅から現地まで、歩くと15分近くかかるんですよねー。助かりました!ありがとうございます♪

今日のメンバーは、おっちゃん殿、親衛隊隊長(自称)殿、まひぱぱ殿、らみた殿です。ありっ、あぱせさんは?体調不良とかで、お休みだそうです(*_*)daijoubu desuka?

最近は、メバルを狙う時は、最初からハードルアーで行くことが多いんですが、風が強く、厳しそうなので、ワームでスタートです。流れ弾丸にネジワーム。風が強いので、1番重いジグヘッドを付けましたが、1.7gしかありません。

投げても飛ばないうえ、当たりも底も取れません。それどころか、どこに飛んで行ってるのかも分かりません(T_T)

隊長殿は、面白いリグでコンスタントに釣っています。条件が厳しいときでも、釣る人は、ちゃんと釣るんですよねー(^.^)

まひぱぱ殿もメバルを釣り上げ、余裕で遠い所まで探りに行ってしまいました。らみたに到っては、僕の隣で入れ食いをかましてくれてます(T_T)

僕はジグヘッドの上にスプリットショットを打って、重さを増してみますが、効果なし。隊長殿が心配して、その面白いリグのシンカーを分けてくれました。ピノリグと言うそうです。

その後、程なくしてモゾモゾというアタリでメバルヒット!

クリックすると元のサイズで表示します

メバルをバス持ちして写真を撮ってもらおうと思いましたが、デジカメがまたバッテリー切れ。先週と同じです。家を出る直前まで充電していたのに、現地では使えない。しかも、帰ってから取り出してみると、全然大丈夫(^_^;)
やっぱり、バッテリーの寿命かなー?(*_*)

で、隊長殿のデジカメで撮っていただき、データをもらいました。隊長殿、ありがとうございます!(^o^)/

更に1匹、これは小メバでしたが、追加して、寒さのあまり、終了。
いつもは、ここでメンラー(=ラーメンのことです。)へ行くのですが、さすがに30日の夜まで開いているところを探すのは大変だったので、手近なデニーズへ行って解散しました。まひぱぱ殿、送っていただいて、ありがとうございました!

今回は、寒かったし、2匹しか釣ってないし、サイズもいまいちだったので、お持ち帰りはありません。そのかわり・・・

クリックすると元のサイズで表示します

大晦日の年越し蕎麦を作りました。3年前ぐらいまでは、手打ち蕎麦を打っていたのですが。ここ最近は、仕事で大晦日が遅くなるので、買った蕎麦を使っていました。ところが、直前に大晦日に仕事が休めるようになったため、急遽蕎麦を打つ事にしました。この写真は、途中の過程で、へそだしの部分です。久し振りなので、なかなかここまで行きませんでした。水回しが難しい・・・(*_*)

ちょっと手抜きをして、仕上げはパスタマシンで切ってしまいました。蕎麦切り用の包丁とまな板を買ってくれないんだもん(T_T)

クリックすると元のサイズで表示します

京都にいた頃から、年越し蕎麦は、にしんそばと決めています。

身欠きにしんを、米の研ぎ汁で戻すところからやってます。ダシは、昆布と鰹としいたけで、濃い目にとりました。

最近、たろうくんは蕎麦よりうどん派になってしまって、蕎麦はきらいとまで言うようになりましたが、僕の手打ち蕎麦は別のようで、ツルツル食べてました(^^)v
手作りじゃないと、美味しくない!なんてぬかしてました(^_^;)

今年5月から始めたこのブログ。
長い文章しか書けないタイプなもので、思い切り長い文章が書けて、ストレス発散できています。

読んで欲しい!というよりも、書くことそのものが目的なので、見苦しい文章や、表現もあったかもしれません。よくお付き合いいただいていると思います。これからも、ますます自分勝手なブログを続けて行きたいと思いますので、来年もよろしくお願いします!

良いお年をお迎えくださいm(__)m

さあ〜、おせち作るど〜(^o^)/
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ