2014/9/16  5:00

2014年 浜益川釣獲調査A日程第1週4日目  

2014年 9月16日(火) 5:00〜11:00 浜益川

昨日、たろうくんは神奈川県のアパートへ帰って行きました(T_T)

連休も明けたし、早速?浜益川へ行きました。5時受付開始なので、去年までと同じ5時に現地着するよう、ちょっとだけのんびりです。

みなさん、いったい何時から並んでるんでしょうねぇ。駐車場の半分ぐらいまで列が伸びています。その列を眺めながら防寒着を着たりして準備をして、トイレに行ったりしているうちに他の人はどんどん受付を済ませて、釣り場へ向かいます。

やっと受付の列に並んだ頃には、最後の2〜3人になってるので、待ち時間ほぼ無し(^^)v

2年前の大盛況の頃とは違いますから、これでも十分(^_^;)サビシイケド

去年は川に立ち入れなかったので、浜益橋の下には入らなかったんですが、今年は川の中に立ち込まなければ、護岸から下りてもいいらしいので、入ってみましょう。

とはいえ、最下流部は流石に人が一杯で入れません。橋の近くまで均等に入ってますが、不自然に一人分だけ空いている所があります。なんでかな?(^_^;)

もちろん、今日も僕はフカセ釣りです。今年はシーズン初めに良さげなウキを見つけたので、それを使ってます。40gもあるから、バシバシ遠投できて、微妙に弾性があるから、少々コンクリートにぶつけても割れたり色が剥げたりしません(^^)

最下流と橋の近くでは時々鮭があがっていますが、他はあまりあがりません。

時間が流れて、7時半ぐらいにモゾモゾとウキの動きが止まりました。

引っ掛かったかな?あんなところになにか沈んでるのかな?と思って竿を少し煽ったら、重い。

そのまま走り出す!

慌てずラインスラッグを取ってちゃんとフッキング!

なぜか横走り!?(@_@;)

スレかも?

引きも結構強いから、スレかな?

ガッカリしつつ、周りの人に迷惑かかってるんで、ゴリゴリ巻いてずり上げ〜!

お、ちゃんと口に掛かってるやん♪

クリックすると元のサイズで表示します


下が砂地で鮭が砂まみれになってるんで、釣り上げた時の写真はありません。

スカリに入れて、砂を洗い流してからの撮影です。

優しい顔してますが、微妙ですね〜。オスかメスか分かりません。

あとで調べるとして、釣り続行です。

でも、だんだん曇ってきましたね。

・・・・・

なんか、黒い雲が近づいてきますよ。

・・・・・

風も出てきたし。

・・・・・

携帯で気象庁のナウキャストを確認すると、どうもスゴイ雨雲が近づいてるようです。

退避できるように準備しましょうか。

まずは、検量です。

70cm3.4kgでした。

検量所のおじさんの見立てでは、メスでした。嬉しいなーと言いながら、どうなんやろ?と思ってました。だって、この鮭、写真には写ってませんが、上あごしゃくれてるんですよ。

今はそんな事、どうでもいいです。スゴイ雨雲が近づいてるんで、とっとと片付けましょう。

鮭のエラだけ取って、クーラーに放り込み、道具一式を取りに行って竿もたたまずに車に向かって帰っている最中に大粒の雨がポタポタ降り始め、あと少しで車に到着って言うぐらいに土砂降りに!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ほんの1分ほどの間にもずぶ濡れになりながら、道具を車に入れて、車内に逃げ込みました。

クリックすると元のサイズで表示します途端に風も吹き始めて、雨もすごくなって、雷もビカビカ光って、まさに嵐!

ワンボックスの車が風でグラグラ揺れるほどの強風!

降り始めてから慌てて撤収してる人、かわいそうにトンデモナイことになってました(・.・;)ゴシュウショウサマデス

↓その時のつぶやき
クリックすると元のサイズで表示します たろパパ @taropapa1964 · 9月16日

ものすごい雷雨!あと3分撤収が遅かったら、帰らぬ人になりかねなかった((((;゚Д゚)))))))

たろパパ @taropapa1964 · 9月16日

赤い印のとこに居ました。しばらくしたら、雲は晴れそうですね。濁りが入ってダメかな?(*_*)



********************************************************

雨があがったので、外の様子を見ていると、釣りに戻る人がチラホラ出始めました。とっとと行きますか!(^O^)/

みなさん、本格的に撤収してましたが、下流域だけは、もう一杯です(ーー゛)

仕方ないので、ちょっと橋寄りに移動。さっき、この辺でよく釣ってましたよね?みたいな(^_^;)

しばらく釣ってると、元の人達が帰ってきはじめまして、なんだこいつは、人の場所に、みたいな顔でずけずけと僕の前に入るので、戦わずに元々居た最初に不自然に空いていた場所に戻りました。その辺は僕以外誰も釣れてなかったんですがね(^_^;)

が、戻ってしばらくしたら、今度はウキがハッキリ沈みました!アワセをしっかり入れて、フッキング〜!(^O^)/

今度は主導権を取られることなく寄せて、ずり上げ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり砂まみれなんで、スカリに入れてからの撮影でした。

んー、今度は間違いなく女の子かなー?ってことは、今日はメスばかり2匹か!ラッキー♪

その後、気のせいか僕の周りが混雑し始めたので、終了しました(^_^;)キモチワカル

検量に行くと、検量所のおじさんの判定は、今度はオス(・.・;)ウソ?

たろパパ「これはメスじゃないんですか?」

おじさん「いや、アブラビレを見たら分かる。これはオスだよ!」

たろパパ「へー(・.・;)」

ちなみに、サイズは70cm3.7kgでした。

クリックすると元のサイズで表示します


これが今日の釣果です。

上が1匹目、下が2匹目です。

検量所のおじさんの同定は、上がメスで下がオスです。

この写真見たら、どう見ても逆ですよね?上の子の顎はどう見てもオスです。アブラビレは、どちらも同じぐらい。下手したら下の方が大きい。僕には、アブラビレでの雌雄の判断はできませんね(*_*)

結論から言うと、おじさんの判断は全滅です。捌いたら上がオスで下がメスでした。

まあ、怪しい時は触診で確認しろ、っていう事ですかね(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します帰る時には、すっかり晴れてσ(^_^;)ヨンデシマッタカ?

でも、帰り道で急にまた降ってきてたから、その後も釣り場は大変だったんでは?


クリックすると元のサイズで表示します


魚体のサイズの割には、筋子は小さかったです。その分、身の色がまだきれいで、美味しかったですよ♪

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ