2005/4/27  16:29

G・W  

いよいよゴールデンウィークが間近になりました。
皆さん休みに向けて、せわしない事でしょう。

今年は5月2日と6日を休めば十連休。
多分、正月休みや盆休みよりも長いのではないか。
僕はカレンダー通りなので、ぶつ切り連休なのですが。

休みかと言って、自分の好きに全て使う事も出来ず、
子供を連れて、両親の所へ営業です。
孫を餌に御馳走になってくるのですが、これも年に数回しか出来ない親孝行かなと。

そんなこんなで出かけ回っていて、自分の好きな事なんて、本当に僅かしかできないのですよね。


イヤイヤ、家族の幸せがパパの幸せだ。
な〜んてな(踊る大捜査線はチョウさん風に)。
0

2005/4/26  12:51

THE・給料日  

今月も無事に給料日を迎えた。
サラリーマンにとっては月に一度のご褒美の日(決して女性に限った事ではない)。

仕事でお茶の水に出る事があったので、某中古CDショップへ。
最近は何もためらわずにプログレのフロアーへ。
二十数年前は何もためらわずにHR・HMだったのに。

見〜つけた。FOCUSの『ハンバーガー・コンチェルト』。
何せプログレは出物が少ない上に中古相場も高い。
YESの『YesSongs』なんてのは新品が買える値段である。
『ハンバーガー・コンチェルト』にしたって、リマスター盤ではないし、中古にしては?って値段。
だけど手に入れた嬉しさは何物にも代えられない。

帰宅後早速プレーヤーへ。
やはりフルートとギターの絡みがたまらない。
ヤン・アッカーマンてギタリスト、リッチー・ブラックモアも一時名前を出していた。
スタジオ盤ではLIVEほどの弾きまくりではないが、やはり僕のツボに来るギタリストだ。
それこそ二十数年前で有れば熱心にコピーをしていたんだろうな〜。

しばらくはヘビーローテーションだね。
0

2005/4/25  15:25

やっぱり生は良いよね〜  ロック

23日(土)例のセッションへ行ってきました。
リンクさせてもらっている、新宿のCrawdaddy Clubです。

リンクさせてもらっている、えさかさんがデビューするので、約束通り『黄色い声援』を送らないとね。
そのえさかさん、『おいおい、本当にデビューなのかよ?』と言った感じの、堂々たる演奏振り。ビックリしてしまいました。
やはり一度御一緒せねば。

皆さん場慣れしているのか上手です。『人前で演奏するのが大好き』ってのが伝わってきます。

俺だってギタリストの端くれ、『弾きて〜』と思うのが当然だろう。
七月にクラシックロックのセッションが有るとの事。
頑張るぞ!!俺。



0

2005/4/22  17:00

Do It Yourself  ギター

『自分でしなさい』って感じなのでしょうか。

最近ホームセンターなんかでもこのコーナーが増えていますね。

僕の父も若い頃は、ペンキ塗り、簡単な門、物置、棚なんかを作っていました。
実家には結構な日曜大工道具がありました。

その息子である僕が職場で不要となったPCのキャリングバッグをいただき、作成しているのが『エフェクターボード』。

エフェクター自体が3つしかないので、A4サイズのバッグで丁度良いのです。
パワーサプライを購入し、電源の確保。
バッグに付属されていたウレタンマットに金属プレートを付けて補強。
エフェクターをマジックテープで留めて、ハイ完成。
後はアンプに繋げて音の確認をするのみ。
これの元ネタは、とあるギタリストのHP。
リンクをお願いしているのですけど、返事がまだなのです。

こんな簡単な事でも『Do It Yourself』なのかな?


0

2005/4/21  13:16

リハビリ  ギター

中2位からギターを弾き始め、かれこれ25年になる。
と言ってもずっと継続していればの話。

年末に行ったいわゆるロックバーがとても気に入った。
セッションもできる店。話を聞いてみるとプロもステージに立つようだ。
これでもギタリストの端くれ、『俺も弾きて〜』と思うのが当然だろう。

近日同店で、年末にお店にお邪魔した際よくしてくれた人が中心となり、セッションが開催される。
これでもギタリストの端くれ、『俺も弾きて〜』と思うのが当然だろう(このフレーズ気に入ってます。もう一回位使えるかな)。

割と簡単そうな曲のスコアを入手し弾いてみる。
『ん? 以外と難しいな』、『あれ? なかなか複雑だな』。
『違いますよ、貴方が未熟なのですよ』と天の声。
そうなのです、一度でもコピーした曲は何とか覚えていて、復習も楽なのですが、初見は曲の展開を覚える事からして大変なのです。

結局何も弾ける曲はなく、今回は『黄色い声援』の担当です。

ちくしょう〜。
これでもギタリストの端くれ、『俺も弾きて〜』と思うのが当然だろう(おお、なんて強引な挿入)。
頑張れ俺、いつかカムバックしようではないか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ