2006/2/24  15:50

ストラトキャスター  ギター

言わずと知れたレスポールと並ぶギターの名品。
リッチーをして『音を出すのが一苦労』と言わしめる。
それだけに弾きこなせば快感であろう。。。

んな訳でワタクシは購入していません。

高校の頃、友人宅にありまして手にはしていたのですが。。。

なにしろチューニングからして大変。
当然リッチーばりのアーミングなんぞを決めるわけです(ただの自己満足とも)。
てーと、もう狂ってるわけです。

トーンもライブインジャパンやオンステージの音が大好きなのですが、ありゃ家で出せるような代物ではないですな。
ピッキングの強弱でクリーンと歪みを分けているような。
シングルコイルじゃ無理かな〜、と結論づけちゃいました。

ちなみに1〜2ヵ月くらい借りたこともあり、試行錯誤したことも有るんですけどね。。。ダメでした。

んなもんで、ストラトキャスターをメインとしているプレーヤーを見るとちょっとビビッてしまうわけです。
あ、シングルコイルとシンクロブリッジの奴ですよ。
ハンバッカーとフロイドは僕でもなんとか音を出せますから。

クラプトン、ベック、リッチー、ムーア、ギルモア、レイボーン、あと誰だっけ。。。

とにかく、そうそうたるギタリストですね。


お粗末
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ