2014/3/26  20:59

マルヤスの形を作れれば  JFL・地域リーグなど

第16回日本フットボールリーグ ファーストステージ第2節
3月22日(土)13時キックオフ@豊田スタジアム
FCマルヤス岡崎 1−4 HondaFC

公式記録



マルヤス岡崎にとってJFL昇格後初となる記念すべきホームゲーム。

ボールを持つと周囲の選手が走り出して様々な攻撃の選択肢を作り出すHondaFCに対し、ボールを持っても点が線に繋がらず効果的な攻撃を作り上げられないマルヤス岡崎。両チームには点差以上の実力差があったと思います。

HondaFCの攻撃に対し守備に追われる時間が多くなり、マルヤス岡崎は攻撃にまで手が回らない。この点を改善しなければ、まだまだ勝利は遠いかも…。


マルヤス岡崎にとって光ったのは得点シーン。
築館選手のシュートをGKが弾いたところに日下選手がヘディングで押し込む。ワントップの選手がゴール前でプレーに絡んでチャンスを作り、周りの選手がゴールを決めるのは東海リーグ時代からのマルヤス岡崎の得意な形。こういう形が数多く作れれば、守備に追われる時間も少なくなり、もっと余裕を持ってプレーができるのではないでしょうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ