2006/5/28  22:51

松江、デビューゴール!  FC岐阜試合ネタ


2006東海社会人サッカーリーグ1部第4節
5月28日(日)14時00分キックオフ@大垣市浅中公園陸上競技場
FC岐阜 2−0 中京大学FC
得点:【岐阜】松江、和正

天気が心配されていた浅中でのホームゲーム。
朝、郡上を出るころはドシャ降りだったけど、メモリアル付近を通ることには雨も上がり、大垣に着くと少し蒸し暑いけど天気は回復。大垣駅でジュニア氏らとタクシーを乗り合わせて浅中へと向かう。

浅中へは12時ごろ到着。ホーム側ゴール裏へ向かい新しいダンマクを貼る。
6m×1mの布に文字はA3サイズ。部屋で書いているときには大きく感じたのだけど実際に張ってみると文字がちっちぇー( ̄Д ̄;) 文字も太すぎて細かいところが見にくいでやんの。また一つ今後の課題が見つかりました。

試合はいつものとおりスローペースで始まる。
両チームとも運動量・集中力ともに欠き、これといった見所といえば開始直後の中京大のビッグチャンス(GKとの1対1を宇宙開発)と片桐のきり返しからのシュート、直起のFKをGKがファインセーブくらい。初先発で中京大出身の酒井も頑張ってはいるのだけれど周りとの連携がかみ合わずに空回り気味。結局0−0で前半終了。

後半に入り、監督&GMの喝が入ったのか徐々に動きが良くなってくる。
攻め込む時間は徐々に増えてくるが、中京大DFの堅い守備に阻まれるなど中々ゴールが決められない。

後半20分頃、ゴリさんに替わって田澤が、酒井に替わって松江がピッチの中へ。
松江はこの試合の前にチームに登録されたばかりでトップでのデビュー戦。Bチームでは全社予選でダブルハットを決めるなど大活躍の松江のゴールで先制点!左コーナーポスト付近から和正が上げたクロスボールを中京大GKが弾くもそのボールが右ゴールポスト付近にいた松江の前へ。角度の無いところから落ち着いて決めてデビュー戦初ゴール―――(゜∀゜)―――!ここまで中々ゴールが決まらずストレスが溜まっていたスタンドも大爆発します!

さらにロスタイムには右サイド松江がクロス→田澤が頭で落とす→それを和正が決めて2点目。静岡FCとの得失点差を1つ縮める貴重なゴールでダメ押して2−0で快勝!引き分け濃厚だった試合を若い二人の初ゴールで勝ち点3をゲットしましたъ( ゚ー^)イェー♪

勝つには勝ったけど反省点は多い試合だったと思う。
相変わらずのスロースタート。暑さのせいもあるだろうけどもう少し早い時間で点が取れればもう少し楽に試合を進められるはず。あれだけ点が取れなければ相手は引き分けを狙って余計に守りを固めてくるだろうしね。

次もホームゲーム。6月4日に長良川メモリアル競技場でマルヤス工業との対戦。
次の試合にはきっと多くのお客さんが集まるでしょう。その中には初めてFC岐阜を見る人がたくさんいるはず。その人たちを惹きつけるような試合を見せてもらいたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ