2007/6/3  22:24

自分たちを振り返る  FC岐阜

魚津に行かれた皆さん、暑い中本当にお疲れ様でした。

スコアレスで不完全燃焼でのドロー。
今年に入って勝っても1−0とスッキリとしない試合が続く中、サポ席もイライラが募るわけですが…、今日の試合のサポ席の雰囲気は何だかちょっと???って気がしました。

確かに相手選手の細かいラフプレーは見られたし、レフリーには不可解な判定が多かった気がする。でもそれらに対して過敏に反応し過ぎじゃなかったかな?笛が吹かれるたび、プレーが止まるたびに聞こえてくる相手選手や審判への罵声。エーイングやアピール程度ならともかく、中には人格を否定しかねないような内容の言葉が聞こえてくることも。そりゃちょっと言いすぎだろって思うこともありました。

そんな岐阜サポ席を近くで見ていた、身近なライトサポ代表の嫁サーン曰く、正直、仲間に入って応援したいと思わない集団(俺も含めてらしいが…)だったとの事。

何だか最近、ホームゲームの集客の事や試合の勝ち負けに目が向きすぎて自分たちの応援スタイルを振り帰り反省する時間が少ないような気がしてなりません。
我々ゴール裏でチャントを歌って応援している集団は、その周囲のお客さんたちからどのように見られているのか、どのように思われているのか、振り返る時間が必要ではないでしょうか?

「俺たちはチームを勝たせるために応援しているんだ。そんな甘いこと言っていたら相手にナメられるぞ!」っていう意見もあるでしょう。でもゴール裏でチャント歌って応援している以上、イヤでも目立つしサポの顔となる集団。

チームもJにふさわしいチームとなると同時に子どもたちに夢を与えられるチームになる事を目標に戦っています。チーム同様俺たちも子どもたちに夢を与えられるサポーターを目指しませんか?

------------6/4追記------------
ここで書いたことは、試合終了後に挨拶に来た選手たちに厳しい言葉を投げた方に対する事ではなく、審判や相手選手に対して人格を否定しかねない罵声を浴びせていた人に対して書いたものです。
試合後に厳しい言葉を投げた方の発言内容は決して褒められた内容ではありません。しかし、もっと出来たであろう選手たちのあまりの不甲斐なさに対する愛のある叱咤であったと思っています。
0

2007/6/3  11:48

昼めしは  携帯から

北陸といえば8番ラーメン。
いただきます! あっ写真撮り忘れた(汗)
0

2007/6/3  10:36

蜃気楼ソフトクリーム  携帯から

魚津の道の駅で蜃気楼ソフトクリームを頂く。
海洋深層水入りで甘さの中にほんのり塩味がポイントです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/3  9:41

魚津水族館  携帯から

探検中!
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ