2009/5/31  20:47

それぞれのスタイル  いろいろ

この前、某J1クラブの応援席を束ねているグループのブログを読んで違和感を覚えた。
そこには大一番となるアウェイゲームの応援について書かれていたのですが、要約すると、

 ・ゴール裏前列と中央を応援の中心部とする。
 ・アウェイ応援席で前の人が立って試合が見えない、などのトラブルが頻発している。
 ・応援中心部に応援しない人が混ざると応援の熱気が下がり、さまざまなトラブルを生む。
 ・ゴール裏は選手と共に戦う場であると考えている。

といった内容のものでした。

ホームと違いアウェイでは観戦できるエリアが限定されていて、いつもは住み分けができている人同士が同じエリアに入る事で試合が見えない・声出して応援しないなどの無用なトラブルを避けるため、応援の中心部を設定し応援をしない人はご遠慮願いますと言いたいのでしょう。

でもちょっと待て、その考えで本当に良いのか?

上記のようなトラブルを避けるために住み分けを図りお願いする事は大賛成。
「応援しない人が混ざると応援の熱気が下がり 云々」や「ゴール裏は選手と共に戦う場であると考えている 云々」の件には非常に疑問を感じる。


ゴール裏席ではどこのクラブでも「声出し応援」が行われている。
スタジアムの雰囲気を作り盛り上げているあのパワーは尊敬に値する。
しかしあの場だけが愛するクラブを応援し、選手と共に戦っている訳では無い。

いわゆる「声出し応援」に参加していなくても、例え何らかの事情でスタジアムへこれなくても、自分たちが愛するクラブの戦いをそれぞれの場所で、それぞれのスタイルで応援し共に戦っているのだから。
33

2009/5/27  20:15

来れない奴のために 〜福岡の応援より〜  いろいろ




土曜日に対戦するアビスパ福岡の声出し応援席。

ホームゲームを見に行きたくても、どうしても都合が合わない時は誰にでもある。
そんな来れない人たちの気持ちも一緒に、自分たちの応援で愛するチームを勝たせよう。
共に愛するクラブを応援する仲間への気遣いに、グッと心を打たれました。


自分だけが良ければそれでよい、そんな風潮が広まりつつある世の中で、
仲間への想い、を照れる事無く堂々と応援にできる福岡の応援は素晴らしいと思う。
5

2009/5/24  19:25

成長  FC岐阜

早いもので第1クールが終了。
3月はじめに開幕したJ2リーグ戦も1/3を消化したのです。


15人の選手が入れ替わった今年のFC岐阜。
若さと勢いを武器に最後まで走りきるサッカーを続けています。


3月、4月と思うように得点が奪えず勝てない試合が続きました。
時には大量失点する試合もあり、何連敗するのだろうと不安に思うときもありました。
しかし今年の選手たちは本当によく戦っています。
勝っても負けても、毎試合反省と修正を繰り返し少しずつ成長を続ける選手たち。
本当にたくましく成長しています!


第1クールが終わり、相手も岐阜に対する戦い方を研究してくるでしょう。
成長し続けているとはいえ、これからも苦しい試合が続きます。
第2クールも成長を続ける選手たちの戦いを見てゆきたい。
そして今日のように、長良川競技場のみんなで勝利の喜びを分かち合いたい。

そのためにできる限り応援に行こうと思う。
6

2009/5/20  21:33

自信  FC岐阜

怪我の選手があり、前の試合とスタメンが入れ替わった試合。
特にボランチにセンターバックとチームの核となるポジションのベテラン選手が抜けた事で生じた混乱を修正しきれずドタバタした前半。相手のパスミスに助けれて何とか守っていたけど失点し0−1で前半終了。


後半から選手を入れ替えて息を吹き返した岐阜。
相手の横浜FCも1年近くホームで勝っていないらしく、守る気持ちが強すぎたのか勢い乗って攻撃をしかけ得点を奪い返す。

その後は互いに何度かチャンスを作りながらも決め手に欠き、1−1でのドロー。



まだ自信を持ちきれないのか、前へ前へと焦って繋いでパスミスなど本当にもったいない場面が多い。そういった所を確実に繋いでゆければ相手にとってもっと脅威となるでしょう。

開幕した頃に比べてもチームも個人も格段に良くなってきている。
もっと自信を持って、自分たちのプレーを続けよう。

さあ日曜日はホームゲームだ!
5

2009/5/15  22:33

サッカーを楽しもう!  イベント呼びかけ

クリックすると元のサイズで表示します

いつも一緒にFC岐阜を応援しているTEDDYさんより、次回ホームゲーム・ロアッソ熊本戦にて一人がもう一人を誘ってスタジアムへ来る事で観客を倍増させようという企画、FC岐阜観客倍増大作戦「PROJECT 1by1(one by one)」を提案されています。

http://blogs.yahoo.co.jp/kymteddy/26919481.html


今年のFC岐阜の戦いっぷりは本当に見ていて面白い。
1試合1試合少しずつではるけれど成長し続ける選手たち。
3勝3分8敗と満足のゆく結果は残せていないし、スタンドを魅了する華麗なプレーが見られる訳でもない。若さと勢いで最後まで走り続けてゴールを狙う泥臭い戦い。

選手たちの息遣い、プレーの迫力、ゴールの興奮、勝利の歓喜。
テレビでは絶対感じる事の出来ない物が長良川競技場にはあります。


さあ長良川競技場で一緒にサッカーを楽しみませんか?
2

2009/5/10  17:26

これからも  FC岐阜

クリックすると元のサイズで表示します

4−0で快勝したホームゲーム・ファジアーノ岡山戦。
やっぱホームでのゴールは良いもんだ。


試合開始直後から、今日の試合では勝っても負けてもゴールが生まれる雰囲気はあった。
鳥栖戦、富山戦での不甲斐ない負けから立て直し、
東京V戦とC大阪戦で勝利は奪えなかったものの、良い戦いができ何かを掴みかけていたチーム。
自分たちのサッカーに自信を持ち、強い気持ちで戦っていたのが感じ取れたから。

そして決まった先制点、ゴールに沸くスタンド。
選手たちのプレーに乗せられて、勢いづくスタンドからの声援と拍手。

今シーズン初めて、選手とスタンドが一体となって戦い勝利を生んだ試合でした。
それもすべて、我らがホーム・長良川競技場でゴールが生まれたからこそ。


若く経験の少ない選手が多い今シーズンのFC岐阜。
3歩進んで2歩下がる戦いがこれからも続くでしょう。
でもね、進んでいる方向は絶対に間違っていない。

これからも自分たちの力を信じ、ゴール目指して戦って行こう。
共に勝利の喜びを分かち合うためにね。
11

2009/5/8  21:57

長良川より激しく  いろいろ

 「長良川より激しく 金崋山より高く 雷鳥より気高く レンゲの花より美しく」


僕が東海社会人リーグ1部時代に作った応援弾幕の文言です。

今よりもメディアに取り上げられる機会が極端に少なく、スタジアムで応援する人が今よりも極端に少なかった東海社会人リーグ時代。ゲーフラや応援弾幕も本当に少なかった時代。そんな時に何とかFC岐阜を盛り上げ選手たちを鼓舞したいと思って作ったのがこの応援弾幕です。


これを作るにあたって自分なりにこだわった事が一つ、それは
日本語を使い岐阜らしさを出す事


英語やその他の言語で書かれていても雰囲気は伝わるけど、
説明がなければ意味や意図が伝わらない事が多いんですよね。

それでは意味がない。
応援する気持ちを、真っすぐに伝えたいから、僕は日本語にこだわった。


FC岐阜を応援するためにホーム岐阜はもちろん、静岡、愛知、前橋、大分、宮崎など僕と一緒に旅をした応援幕。

色々と思う事があってしばらく封印していたけど、
明日の試合では久しぶりに一緒にメモリアルへゆき、掲示してみようと思う。



クリックすると元のサイズで表示します
7

2009/5/6  20:32

Nagaragawa March5  イベント呼びかけ



5月9日(土)対ファジアーノ岡山戦(17時キックオフ・長良川)にて、ホームゲーム開催を街中でアピールすると共に、FC岐阜を応援する仲間同士の交流を目的として緑色のグッズやレプリカユニフォームを身につけて駅からメモリアルまで行進する「Nagaragawa March5(長良川大行進)」を行います。


初めての方、飛び入り、もちろん岡山を応援する方々の参加も大歓迎!
新緑の爽やかな風の中、みんなでワイワイ楽しくメモリアルまで歩きましょう!!


【日時】
5月9日(日)ファジアーノ岡山戦(17時キックオフ 長良川)
13時45分集合 14時00分出発
※JR岐阜駅北口サークルK前に集合
※小雨決行(荒天の場合は歩道に屋根のある柳ヶ瀬まで歩き、それ以降バスで移動します)

【服装】
・歩きやすい服と靴、そして緑の物を身に付けてお願いします。

【注意事項】
・交通ルール遵守。
・歩きタバコ厳禁、路上での飲酒厳禁。
・路上でのチャントやコールは行わない。
・Lフラッグやゲーフラなど大きな旗を振りまわさない。
・その他周囲の方の迷惑となるような行動はとらない。


【ルート】
JR岐阜駅前→名鉄岐阜駅から長良橋通りを北上

金華橋渡り、未来会館前にて心の中でFC岐阜コール(笑)

正門よりメモリアルセンターへ

※途中コンビニ等で適時休憩を挟み、シーズンチケット優先入場となる
15時半ごろまでにメモリアルに到着予定。

【発起人】
G-Style Blog 管理人:Kamihira

この告知文章はご自由に転載していただいて構いません。
皆様のブログやサイト、SNS日記等での告知のご協力、よろしくお願いいたします。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ