2010/12/30  12:18

2年ぶりの日本平詣  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

少し前の話になりますが…。
今年のクリスマスは、久しぶりに日本平へ行ってきました。

10年くらい前まではよく通ったけれど、最近はご無沙汰。
2008年シーズンホーム最終戦以来の日本平詣です。


当日の天気は快晴。
写真のように富士山が綺麗に見える絶好の天候なのですが、気温が全く上がらないうえに強風が吹き付ける状態。厚着をして行きましたが、足元から冷えて仕方が無かったですよ。そりゃ日本酒も進む進む(笑)

試合内容も気温と同じようにお寒いもので、しっかり守ってチャンスを伺う山形に対してまったく良い所を作れず、PK戦で辛くも勝利。寒い中で120分+PK戦は正直きつかったです…。3日後に行われた準決勝・ガンバ大阪戦のスタメンと同じとは思えない試合内容でした。


試合後には、今シーズン限りでエスパルスを退団しヴァンフォーレ甲府への移籍が発表された伊東輝悦選手と市川大祐選手へのエスパルス栄誉賞の贈呈式が行われました。経営危機や残留争いで苦しい時も、1999年のチャンピオンシップの時もエスパルスで共に戦ってくれた伊東選手と市川選手には感謝の気持ちでいっぱいです。エスパルスでのラストゲームとなる天皇杯決勝。絶対に勝って天皇杯を手にしよう!
0

2010/12/28  22:42

突然の監督交代  FC岐阜

昨日クラブより倉田安治監督の今シーズン限りでの退任が発表されました。
先日のNHK特番では「J2優勝をFC岐阜で達成したい!」と強い意気込みを語っていただけに、突然の退任発表に驚いています。

今シーズン、FC岐阜の試合は3試合しか見に行けなかったけど、練習場には何度か足を運ぶ事ができた。練習場では監督の声が一番響いていたのが印象に残っています。練習の意図や目的を丁寧に説明し、いざ練習が始まればその大きな声で選手たちを鼓舞し、常に明るい雰囲気を作っていた倉田監督。既存の選手たちのレベルやポジションにサッカースタイルを合わせるのではなく、自らが掲げる高いレベルのスタイルを選手たちに求めることで試合の内容や結果にムラがありましたが、徐々にではあるけれど良い方向性が見えていた矢先の退任は非常に残念でなりません。

倉田監督、1年間本当にありがとうございました。
練習や試合を見に行って、こんなにサッカーの事を勉強できたのは初めてだったし、改めてサッカーの楽しさを再認識できました。新天地でのご活躍を期待しています。


そして新たに監督に就任される木村孝洋さん。
この難しい状況の中、監督という大きな仕事を受けてくださり感謝しています。
2011年シーズンのFC岐阜でどのような戦いを見せてくれるのか、期待してますよ!
1

2010/12/6  21:11

12/4馬場俊英@名古屋センチュリーホール  旅行日記



12月4日、名古屋センチュリーホールへ馬場俊英さんのライブを見に行ってきた。

ストレートな歌詞と、時に優しく時に力強い歌声が魅力の馬場さん。
以前からCDでは聞いていましたが、ライブは初めてでした。

消してあきらめない、くじけない、負けない、気持ちを強く信じて生きて行く事を教えてくれる馬場さんの歌に、ものすごく力を貰ったような気がします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ