2014/3/26  20:59

マルヤスの形を作れれば  JFL・地域リーグなど

第16回日本フットボールリーグ ファーストステージ第2節
3月22日(土)13時キックオフ@豊田スタジアム
FCマルヤス岡崎 1−4 HondaFC

公式記録



マルヤス岡崎にとってJFL昇格後初となる記念すべきホームゲーム。

ボールを持つと周囲の選手が走り出して様々な攻撃の選択肢を作り出すHondaFCに対し、ボールを持っても点が線に繋がらず効果的な攻撃を作り上げられないマルヤス岡崎。両チームには点差以上の実力差があったと思います。

HondaFCの攻撃に対し守備に追われる時間が多くなり、マルヤス岡崎は攻撃にまで手が回らない。この点を改善しなければ、まだまだ勝利は遠いかも…。


マルヤス岡崎にとって光ったのは得点シーン。
築館選手のシュートをGKが弾いたところに日下選手がヘディングで押し込む。ワントップの選手がゴール前でプレーに絡んでチャンスを作り、周りの選手がゴールを決めるのは東海リーグ時代からのマルヤス岡崎の得意な形。こういう形が数多く作れれば、守備に追われる時間も少なくなり、もっと余裕を持ってプレーができるのではないでしょうか。
0

2014/3/20  18:54

比嘉選手、トップチーム昇格  FC岐阜Second

比嘉 諒人選手(FC岐阜SECOND)、トップチーム昇格のお知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

FC岐阜Secondから今シーズン3人目のトップチームへの昇格。
左サイドからのドリブル突破を得意とした、比嘉諒人選手です。

別府キャンプ前からトップチーム練習には参加していたようですが、体調不良などにとり昇格が見送られていたようです。

武器は何と言ってもスピードに乗ったドリブル突破。
高地選手などライバルが多いポジションだけど、ぜひ頑張ってほしい。

活躍を期待しています!
0

2014/3/19  19:02

成長が楽しみな両チーム  JFL・地域リーグなど



日曜日の夜、西京極で行われたJFLの開幕戦。
昨年の東海社会人リーグ優勝・マルヤス岡崎が佐川印刷京都に挑みます。

スコアは0−3でマルヤスの完敗。
攻撃の核となる正治選手が完璧に抑えられて形らしい形を作れず、シュート2本では勝ち目はありません。しかし今シーズンのJFL優勝を狙う佐川印刷相手に手も足も出なかったわけでもありません。時間はかかるけど、一歩ずつ着実に力を付けていけば、JFLの上位を争える強豪になるポテンシャルをマルヤス岡崎は持っていると思います。

対する佐川印刷京都は、前FC岐阜監督の辛島氏、ヘッドコーチに京都サンガから森岡隆三氏を迎え、JFL優勝と国体(佐川印刷京都は国体の京都選抜)優勝を目指しています。
派手さはないけれど、要所をキッチリ締めて相手を抑え込む嫌らしいチーム。
こちらも辛島さんがどんなチームに育てていくのか楽しみです!
0

2014/3/18  18:39

光る、ベテランの味  Jリーグ



日曜日は京都に移動し、J2の京都対栃木を観戦。
試合は0−0だったけれど、栃木の大久保選手の活躍が印象的でした。

最前線で京都の選手を引き付けてボールをキープし、フリーになった他の選手にボールを配給。相手選手にボールが渡れば前線からプレッシャーをかけに行くプレーを90分間続けて、攻守にに渡りチームに貢献。

残念ながら得点には結びつかなかったけれど、最前線でベテラン選手がこういうプレーをしてくれればチームも楽だし、安定した試合運びができるはず。
0

2014/3/17  17:05

この敗戦を糧に  清水エスパルス



今年初のサッカー観戦。
2010年のワールドカップ南アフリカ大会で得点王となったフォルラン選手を擁するセレッソ大阪と清水エルパルスとの対戦。

週中にアジアチャンピオンズリーグを戦っているセレッソは立ち上がりから動きが重くプレーに積極性が見られなかったけれど、エスパルスもそれに付き合うかのように単調な攻めをみせるだけ。そんな試合展開でも、セレッソが数少ないチャンス時に見せる一瞬のギアチェンジに対応できず、前半でもったいない2失点。

後半も単調な攻めを見せるエスパルスと、ここぞという時に仕掛けるセレッソとの構図は変わらず、1−4で敗戦。今年も長居で勝利を挙げることができませんでした。

エスパルスは試合を通じて単調なリズムで終わってしまった。
若い選手が多く、試合中で臨機応変にリズムを変化させるのは難しいかもしれない。でもこういう試合で経験を積み、次に活かしていくことが若い選手たちには大切。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ