2007/7/23  22:33

支え続ける  FC岐阜試合ネタ

第9回日本フットボールリーグ(JFL)後期第4節
7月21(土)19時キックオフ@岐阜メモリアルセンター長良川競技場
FC岐阜 0−2 栃木SC
得点:【栃木】米田、片野。 

後期に入ってこれで1分3敗、得点1。
6月の鳥取戦に勝って以来、1ヶ月勝ち星から遠ざかっています。

試合が終わった瞬間、怒りが込み上げてきた。栃木サポの喜びを見て悔しかったし、岐阜駅まで送ってもらう道すがら、サポ仲間の会話は試合&チームに対する愚痴ばかり…。ハッキリ言ってよい感情なんて一つも無かった。

でも、フッと思った。

怒り、悔しさ、愚痴。
こういう感情が湧いてくるのも思い入れのあるチームがあるからこそ。
その思い入れのあるチームが岐阜にあるんだよね。

自分にとって「喜怒哀楽」を表現できるチームが岐阜あるのは本当に幸せだと思う。

勝ったら喜ぼう。
負けたら悔しがろう。

順位が何位であろうとも、どこのリーグにいようとも、目先の勝ち負けに一喜一憂しながら、一試合一試合「岐阜」のチームを応援できる事に幸せを感じながら、これからもずっとずっとFC岐阜を応援して行こうと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/7/24  18:19

 

メモリアルでの観戦での疲れがかなり残りました。
月曜は大学病院通院していたりしたしね。
前記事で色んな言い方はしたし、
憶測ばかりがありましたが、悲観しすぎだったかな?

かたださんが語っていますが、
FC岐阜で話題に出来る幸せを忘れていた気がします。
来年もJFL 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ