2008/11/2  21:06

力負け、でも選手に拍手  FC岐阜試合ネタ

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦
11月2日(日)13時キックオフ@豊田スタジアム
名古屋グランパス 1−0 FC岐阜
得点:【名古屋】吉田

初めてのJ1クラブとの公式戦。
相手は現在J1リーグ戦2位で優勝争いを繰り広げている名古屋グランパス。
我らがFC岐阜は憶する事なくプレッシャーをかけ続け、全員で守り全員で攻撃し最後まで名古屋グランパスを苦しめました。結果は最後は力負け、0−1で敗戦。

名古屋を苦しめる事はできたけど得点を挙げて勝つ事はできなかった。
名古屋よりも多くシュートを打ち、それでも得点を挙げられないのはやっぱり岐阜がまだまだ力不足だから。どんな試合内容であっても最後に得点を決める力があるか無いかの差が勝敗をわけたのでしょうね。

でも名古屋相手にあれだけの事が出来た事には胸を張って良いと思う。
最後まで集中してプレーを続けた選手たちに拍手。

さあこの試合で出来た事を次に繋げる事が一番大事だよ。
次はホームのお客さんの前でゴールを、そして勝利を見せてくれ!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ