2010/5/5  20:53

安定した戦いができるために  FC岐阜

徳島ヴォルティス 4−0 FC岐阜

今日は仕事だったので、情報を完全にシャットダウンして録画観戦をしました。
前半は早め早めから相手にプレッシャーをかけてボールを奪うなど主導権を握って試合をできていたと思う。ただ後半に入って相手が一つギアを上げた途端、それに対応できずに怒涛の4失点で試合終了。

前半にみせたちょっと良い戦いぶりが90分通してできないのは自分たちの実力。
でもこれが限界では無く、まだまだ伸びしろが十分に残っているのが今の岐阜の選手たち。
ここまでの11試合で経験したことを糧にレベルアップを図れるかどうかは、監督をはじめとしたスタッフや選手たちの意識と頑張り次第。ラッキーゴールが続いての連勝では無く、自分たちで主導権を握りゴールを脅かせるようになれるようにね。



あとこの試合を見ていて思ったこと。
スタンドからのハンドマイクを使ったハウリング音、見苦しい(聞き苦しい)ね。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ