2010/7/31  17:07

【試乗】ホンダ・CR-Z  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

愛車の日産・キューブが新車で購入して5年で14万キロを超えた。
まだまだ順調に走り続けてくれるけど、そろそろ次の車を考えなければいけない。エスティマのセカンドカーとしての役割なので条件としては1500cc以下。毎日長距離通勤にも使うため燃費が良く、高速道路や山道をキビキビ走れる車が良い。そんな中で候補の一つに挙がっているのがホンダのハイブリットスポーツカー・CR-Z。馴染みの車屋から試乗車が入ったと連絡があり、早速行ってきました。

グレードは「α」のCVT仕様、いわゆる最上級グレード車。

まずシートに座ってみた感想は「低い!」の一言。
エスティマやキューブと比較的シートポジションの高い車に乗っているからでしょうが、とにかく目線が低いのとボンネットの先が見えないので前方の見切りがしづらそうです。あとは斜め後方が見にくいため、高速道路などの合流には気をつけなければいけない、ハイマウントストップランプがちょうどバックミラーの真ん中に入り後方視界を邪魔する点が気になりました。その代わりサイドミラーは大きく側方後方の見切りの悪さをカバーしています。まあ視界や見切りの悪さは慣れもあると思うので大きな問題はないでしょう。

走りについてとやかく言えるほど専門家ではないし、それぞれ好みがあるので自分の好みに合うかどうかでの感想という前提で…。
やっぱりスポーツカーだけあって足回りは固く路面の荒れをゴツゴツ拾いますが、その分ハンドルを切れば切っただけきちんと曲がるしコントロールはしやすい。ブレーキも良く効くし、車の基本である「走る・曲がる・止まる」という点で実用的には問題なし。肝心のハイブリッド性能については試乗距離と時間が短くて何とも判定しがたいですね。あとアイドリングストップは思ったよりも敏感に反応しますね。踏切の一時停止でもストップしたぐらいだし。最初はCVTなのにエンストしたかと思いましたwww。

現時点でこの車を買うかといえば決断はまだし難いですね。
自宅周辺は豪雪地帯なのでこの車で果たして冬を乗り切れるのかわからないし、他にもまだまだ良い車があるかもしれない。他の候補車も含めて色々と情報収集や試乗を繰り返してみます。

アレやコレや考えながら車を選ぶ時間って本当に楽しいですよね。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ