2010/7/27  21:33

三岐鉄道・西藤原駅  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します

7月の3連休初日、鈴鹿に東海リーグを見に行った時の事。
この日は夏休みが始まったばかりの連休という事でどこも道路は渋滞に。三重県方面へ向かう東名阪道も渋滞しており、桑名から鈴鹿まで2時間かかったらしい。郡上から鈴鹿へ向かうには東名阪道や国道23号線を使うのが最短距離ですが、渋滞にハマるのは嫌だったので、関ヶ原からいなべを通り鈴鹿へ抜ける国道306号線(通称:巡見街道)を使ってみました。

その道すがらにあるのが三岐鉄道・西藤原駅です。
三岐鉄道はその名の通り三重県と岐阜県を結ぶ目的で造られた鉄道ですが、最北である三重県いなべ市の西藤原駅まで開通したのみで実際には岐阜県内まで路線は伸びていません。旅客輸送の他、セメント輸送も行っているローカル線です。

ローカル線の終着駅なので大した事ないだろうな、と思っていたらかつてセメント輸送で活躍した蒸気機関車を展示するなど鉄道公園が整備され、ちゃんと駅員さんも常駐する立派な駅でした。

時間があればこういったローカル線でノンビリと旅をしてみたいものですね。
1

2010/2/14  9:13

【暇つぶし】冬の高山ドライブその2  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します駅と41号線の間にあるスーパーマーケット「ASUMO駿河屋」。この駿河屋でしか販売されていない高山ラーメン『さんまちラーメン』が我が家のお気に入り。高山へ行った時には必ず買ってくる商品です。

スープが粉末でも無く濃縮でも無く、袋のまま湯せんして丼ぶりに注ぐタイプ。醤油味のあっさりスープに縮れ麺と正統派の高山ラーメン。人気があるのか夕方に買いに行くと売り切れてしまっていることもありました。

クリックすると元のサイズで表示しますさあ食べるものは食べて買うものは買った。街の中を観光しても混んでいるだけなのでさっさと帰ることに。往路は高速を使ったので帰りは違う道にしようとせせらぎ街道を通る事に。

このせせらぎ街道、秋は紅葉で有名ですが冬はさすがに雪で真っ白(笑)標高1100メートルを超える西ウレ峠付近では降雪&圧雪状態でスロウダウン。明宝側は晴天&乾燥路だったのでノーマルタイヤで上ってくる車もいたはず。果たして無事にこの峠を越えることができたのでしょうか?

写真はせせらぎ街道沿いの道の駅「パスカル清見」。夏の間は飛騨の名物やラベンダーソフトクリームを楽しめる道の駅ですが、さすがに冬場はやっていないようでレストランと土産物売り場のみ開いている状態。トイレ休憩だけで先へ進みます。

クリックすると元のサイズで表示しますせせらぎ街道を南下し、飛騨美濃有料道路を超えると美濃地方・郡上市明宝に入ります。明宝といえばやはり明宝ハムやフランク。道の駅「明宝・麿墨の里」ではFC岐阜の屋台村でも人気の明宝フランクフルトやハム串揚げを頂きます。

この道の駅ではスキー場帰りのお客さんがたくさん。たくさんの土産物を買いハムやフランクを食べていました。同じ郡上でも明宝はこうやって観光資源を活かして上手に商売をしているんですよね。八幡や高鷲も町ぐるみで頑張って行こうという姿勢が見られます。それに引き換え白鳥は…、観光資源には恵まれているのにそれを活かしきれずに中途半端な感は否めませんねぇ。


そんなこんなで高山プチドライブが終了。
自宅から高山まで1時間ちょっと。また思いついた時にふらっとドライブに行ってみたいと思います。

0

2010/2/13  16:12

【暇つぶし】冬の高山ドライブその1  旅行日記

一週間のぐずついた空模様から一転し土曜日は気持ちの良い晴天。こりゃ何処か行かなけりゃ損だという事で嫁さんと意見が一致。ちょっくらドライブへと出かけてきました。

クリックすると元のサイズで表示します以前から食べに行きたいと言っていた噂の『ニューヨークバーガー』が食べたい!郡上にはマックが無いので選択しは関か高山。関はいつでも行けるし、高山で評判のパン屋さんやラーメンも入手したいとなり高山を選択。やまびこロードから国道156号を北上し荘川ICより東海北陸道で高山市内を目指します。荘川〜飛騨清見間はチェーン規制がかかっていたのですが昨晩雪が降ったのですね…。郡上も雪深いですが、荘川と清見を結ぶ峠付近はさらに雪が深いのですね。

高山市内に入り国道41号線沿いのマックへ。土曜日の昼食時なので家族連れがいっぱい。小さなお店なのでほぼ満席でしたが二人分座れる座席を確保して念願のニューヨークバーガーを頂く。ボリュームたっぷりのパティにベーコン、トマトやレタスやチーズがふっくらやわらかいバンズに挟まれており食べ応えのあるバーガー。わざわざ郡上から高山まで食べに行くのも如何なものかと思いますが、まあ満足です。

クリックすると元のサイズで表示しますお腹がいっぱいになった所で第2の目的地へ。以前から職場の先輩に高山へ行ったときにはぜひ寄ると良いと勧められていた評判のパン屋さん「TRAIN BLEU」。小さな駐車場はいつも満車で、時にはパンが売り切れてしまうと閉店時間を前に店を閉めてしまう事があるほどの人気のお店だそうです。ここでのおススメはイチゴのデニッシュ。デニッシュですが生地がパリパリでまるでタルトのよう。カスタードクリームも甘さ控えめで今が旬のイチゴの味が引き立てられていると思います。他にもデコポンのデニッシュもあるようなので今度はこちらを試してみたいですね。
0

2009/10/29  20:15

【3連休旅行記】安曇野アートヒルズミュージアム  旅行日記

秋の3連休ドライブ旅行もいよいよ最終日。
宿泊先の上信越自動車道・東部湯の丸SAを出発し長野道を経由して松本方面へ。
安曇野市にある「安曇野アートヒルズミュージアム」へと向かいます。
http://www.arthills-museum.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここはさまざまなガラス細工の作品を集めたミュージアム。
お手頃な物から超高級なものまでさまざまなガラス細工が展示販売されています。
またガラス細工作成現場の見学やガラス細工作成体験など子どもから大人まで楽しめる場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
うちら夫婦もガラス細工作成体験を実施。
僕はフットランプを、嫁さんはガラスのプレートを作成。
デザインは郡上の大日ヶ岳と長良川のアユをイメージしてみました(^^)。
先日出来あがったものが届きましたが、満足のいく出来栄えでした!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
せっかく信州に来たのだからソバが食べたい!って訳で併設のソバ屋さんへ。
暖かいものとざるソバをそれぞれ頂きました。
旬のキノコの天ぷらをトッピングしてめちゃめちゃ美味かったです!

クリックすると元のサイズで表示します
締めのデザートはリンゴのソフトクリーム。
甘すぎず酸っぱすぎず、自然なリンゴの味が出ていました。


このまま安曇野から松本、高山を経由して郡上へ帰着。
総行程約800kmのドライブ旅行は無事に終わりました。

若干天気が悪い所もあったけれど、比較的天気にも恵まれ秋の景色と味覚を満喫。
草津温泉など日帰りでは行き難い所へも行けてとても楽しむ事ができました。
仕事がら3連休を頂く事は難しいけど、時間を見つけてまたどこかドライブへ出かけたいですね。

0

2009/10/27  19:56

【3連休旅行記】東部湯の丸SA  旅行日記

3連休旅行2日目の夜、東御市内の温泉で体を温めて向かった先は上信越自動車道・東部湯の丸サービスエリア。今夜はここで車を停めて車内泊するのです。

うちの愛車・エスティマ(マイチェン前)は3列目を収納し2列目を一番前まで出せば大人二人が並んで寝られるフラットな空間が出来上がります。そこにシートを敷いて寝袋を持ち込み嫁と二人で眠ります。

もともと僕たち夫婦は車内泊をする事に抵抗は無くむしろ積極的。
ハイラックスサーフに乗っていた頃から高速道路1000円になる前には、ETCの深夜割引を活用するため車内泊を繰り返しながら旅をした事が何回かあるくらいですからね。時間もお金も節約できる車内泊、お勧めですよ!


寒くて目が覚める事もあったけど快適な夜が明けて見える湯ノ丸山はとてもきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2009/10/23  19:24

【3連休旅行記】東御 湯の丸  旅行日記

夕方に草津温泉を出発し本日の宿泊地へと向かいます。

草津温泉からは国道292号線を南下。
東京方面へと下る道、草津温泉方面への上る道ともに大渋滞。
長野方面へと下る僕たちとしては渋滞にお付き合いするのも何なので、
途中からショートカットして県道59号線でJR吾妻線の万座鹿沢口駅方面へ進みます。

クリックすると元のサイズで表示します
県道59号線からの眺め、写真右手に見えるのは浅間山です。
この日は夕方に向かうにつれて天気が良くなって行きました。
白根山を通過する頃にこれくらいの天気だったら気持ち良かっただろうなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
万座鹿沢口駅からは国道144号線で長野方面へ向い、すぐに嬬恋村へ入ります。
嬬恋はキャベツで有名な村で、あちらこちらの無人販売所でキャベツが売られています。
一つ買って翌日の晩御飯に使おうと思ったのですがついに買いそびれてしまいました…。

このまま長野方面へは向かわず途中を左折して湯の丸高原を越えて東御市へ。
この湯の丸高原へ上がる道沿いは紅葉が始まりきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
湯の丸高原スキー場脇にあるロッジで休憩。
ソフトクリームを食べたのですが、寒くて震えが止まりません(苦笑)

クリックすると元のサイズで表示します
この日の夕食は湯の丸高原から東御市側に下った所にある「アトリエ・ド・フロマージュ」
http://www.a-fromage.co.jp/
チーズ工房に併設されたイタリアンレストランです。

車でのドライブ旅行ですがちょっと奮発して美味しい物を頂きます。

この後、道の駅みまきに併設された温泉で身体を温めドライブの疲れを癒し、
今日の宿泊地である上信越自動車道「東部湯の丸SA」へと向かいました。

0

2009/10/22  21:37

【3連休旅行記】草津温泉  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
草津志賀高原道路を下りて、この日一番の目的地『草津温泉』
下呂温泉、有馬温泉と並ぶ日本三名泉で、日本一有名な温泉地と言っても良い場所です。

以前から一度来てみたいと思っていた場所。
本当ならこの連休で宿泊したいと思っていたのですが、残念ながら満室で宿が取れず。
せめて観光だけでもと思い、やってきました。

昼すぎに到着したのですがすでに周辺は交通渋滞が激しく、中心地の駐車場は満車。
すこし離れた西の河原入口の駐車場に車を停めて歩いて中心地へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
温泉といえば「温泉まんじゅう」でしょう。
草津温泉では道行く人にまんじゅうをお茶を半ば強引に配り足を止める事で
まんじゅうを売り込む機会を作っています。これには最初は戸惑いましたが…(苦笑)

もちろんお土産に温泉まんじゅうを購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します
温泉といえばもう一つ「温泉たまご」。
街のあちらこちらでたまごが湯の中で温められていました。

クリックすると元のサイズで表示します
昼食はこの店で「またぎ焼き」と呼ばれる串焼きを頂きました。
豚と鶏の両方を頂きましたが、醤油ベースの甘辛たれは絶品です。

クリックすると元のサイズで表示します
街中にあるせんべい屋さん。
焼きたてのせんべいを1枚から購入できます。
種類も豊富で、店の中ではお茶を頂く事もできました。

クリックすると元のサイズで表示します
街の中心地「湯畑」のそばにある足湯。
すこしぬる目でしたが、冷たい風が吹きつける中でポカポカと温まります。

クリックすると元のサイズで表示します
景観に配慮してでしょうか、大手コンビニも周りの色に合されています。

クリックすると元のサイズで表示します
せっかく草津温泉に来て温泉に浸からないなんてもったいない!
湯畑の脇には無料で入れる外湯「白旗の湯」があります。

ここは源泉かけ流しで湯温が少し高めですが草津温泉の湯を楽しむには良い場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
草津温泉で忘れてはいけないのが「ザスパ草津」でしょう。
トップチームのポスターはもちろんのこと、サテライトリーグを戦う
U-23チームのポスターもあり、こちらには選手の草津温泉での勤務先も紹介されています。

約3時間の日帰り草津温泉滞在。
この短い時間でも草津温泉の魅力を十分に堪能する事ができました。

今度は宿泊でのんびりと楽しまねば。

1

2009/10/20  20:24

【3連休旅行記】草津志賀高原道路  旅行日記

3連休のドライブ旅行2日目。
9時過ぎに妙高のホテルを出て、今日の目的地へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
妙高から南下し野尻湖沿いの県道を下ります。
写真はその途中から見た黒姫山。

クリックすると元のサイズで表示します
長野県に入って目につくのが名産のりんご。
りんご畑があちこちにあり、そのどれもが赤く色づいて収穫間近でした。

クリックすると元のサイズで表示します
中野市からは志賀高原から草津温泉へと通じる国道292号線「草津志賀高原道路」を利用。
晴れていれば紅葉や温泉などの素晴らしい景色が見えるはずですが、あいにくの空模様。

クリックすると元のサイズで表示します
長野県と群馬県の境にある白根山を通る草津志賀高原道路。

この日は残念ながら曇り→雨模様。
標高が上がるにつれて霧も発生し、目の前の車のテールランプだけが頼りの状態。
山頂付近では木に雪が降り積もり、気温は何と0℃に!

ただ日本の国道最高地点(標高2172m)があり、見どころや景観が良い場所が多く
道幅も広くて走りやすいためドライブやツーリングには人気が高いみたいですね。

天気の良い時にゆっくり再チャレンジしてみたい道路です。

クリックすると元のサイズで表示します
草津志賀高原道路を群馬県側に下りるとそこは有名な『草津温泉』
白根山の麓は写真のように溶岩がむき出して湯気が湧き硫黄の匂いがたち込めます。
この日一番の目的地、草津温泉はもう目の前です。

人気ブログランキングへ

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ