2009/10/19  20:34

【3連休旅行記】妙高高原  旅行日記

初日の宿は妙高高原。
学生時代にサークルのスキー旅行で赤倉を訪れた以来。
あの時は長野オリンピック前だったので高速道路も無く、
道もこんなに綺麗では無かった気がする。
やっぱりオリンピックを開くってこんなに凄い事なんだなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
宿では妙高高原の地ビールを頂く。
写真右が「ピルスナー」という種類で、苦味が強く大人の味。ちょうど僕好み。
写真左が「ヴァイツェン」という種類で、フルーティーな甘さが嫁さん好み。
あと「ダークラガー」という黒ビールもあったのですが、二人とも苦手なので遠慮しました。

クリックすると元のサイズで表示します
日曜日の朝、宿の窓からの眺め。
妙高山の頂がうっすらと雪化粧されていました。
そういえば土曜日の夜から寒い風が吹き、雨も降っていたから高い所は雪になったのでしょう。

こういう景色を見ると、冬が近づいている事を実感します。
0

2009/10/18  6:43

【3連休旅行記】岩の原葡萄園  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します
道の駅能生を昼過ぎに出発し、国道8号→国道18号線を経由して
上越市内にある『岩の原葡萄園』へ向かいます。
http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/

この岩の原葡萄園は日本ワインの父よ呼ばれる川上善兵衛さんが開いた場所。
豪雪地帯の気候や風土を利用したワイン作りを研究されたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
ワインを熟成させるための石蔵内を自由に見学する事ができました。
この石蔵の横には雪室が作られていて、冬の間に積った雪を保管。
その冷気を利用する事で光熱費をかけず、一定の温度でワインを熟成させるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ワイン工場の横には大きなブドウ畑が。
収穫されたブドウが工場に運ばれて、ワインの仕込みが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
工場に併設されたワインショップ。
ここで作られたワインを試飲して購入する事ができます。

僕は運転手なので飲めないので嫁さんが試飲。
二人ともフルーティーなワインが好みなので、赤白ロゼと1本ずつ購入。
自宅に帰ってから美味しく頂きました(^^)。
0

2009/10/17  10:47

【3連休旅行記】道の駅能生  旅行日記

10月10日から12日までの3連休。
基本的に祝祭日は仕事の僕だけれど、体育の日にお休みを頂き3連休。
家族でドライブ旅行に出かけてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
10日の朝に自宅を出発し東海北陸自動車道を北上。
自宅を出た時には晴れていたけれど飛騨トンネルを越えたあたりから天気が怪しくなり、
北陸道に入った時には雨が降り始めました。雨の中の高速運転は気を使います。

クリックすると元のサイズで表示します
最初の目的地は新潟県糸魚川市にある『道の駅能生(のう)』。
この道の駅には蟹の直売所が併設されており、買った蟹をその場で食べる事ができます。
蟹好き夫婦としてはココは見逃せない!と北陸道を能生ICで降り道の駅へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
道の駅に到着した時には雨は止み、小寒い気温でした。
11時前に到着したため人はまだまばらでしたが、市場にはたくさんの海の幸が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
そして目的の「ベニズワイガニ」!!
大きさにより値段が違うのですが、中くらいのもの(1500円)を選択。
するとお店の人は小ぶりの蟹をオマケで付けてくれました(^^)。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに蟹だけではお腹が満足しないので、道の駅内にある食堂へ。
天ぷらだけでは無く、魚のアラ汁も非常に美味しかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
道の駅に飾られていたアルビレックス新潟のホームゲーム告知ポスター。


お腹も一杯になった所で次の目的地へと向かいます。
0

2009/9/30  19:59

シルバーウィーク日帰り北陸紀行その2  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します
予想以上に永平寺参拝の時間が長くなり、外へ出た時にはもうお昼過ぎ。
本当は東尋坊の方へ行ってお昼を食べようかと思っていたのですがそんな時間も無く、
門前町のソバ屋さんに入りました。

福井のソバとして有名なのは『越前ソバ』
冷たいソバに少し辛めの大根おろしとソバつゆがかけられたソバです。
僕はソバもうどんも暖かい物が好きなのでシンプルに天ぷらソバを頂きます。


クリックすると元のサイズで表示します
さて昼飯を食べたけど、これからどうするかはまったくのノープラン。
東尋坊や三国へ行く時間はないし、かといって来た道を戻るのも芸がない。
って事で高速道路1000円という事もあり、福井北ICから富山方面を目指し、
東海北陸道を下るルートを選択しました。

北陸自動車道の福井〜金沢〜富山付近を走る時に必ず寄るのが徳光サービスエリア。
ハイウェイオアシスとなっており、エリアから出れば写真のような砂浜が目の前です。

9月も下旬となり季節外れですが、夏の海水浴シーズンは人で溢れています。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
徳光サービスエリアのショッピングエリアでは新鮮な魚介類が購入できます。
ここで様々な魚介類と地酒を仕入れて、3人で自宅で飲もうと言う事に決定(笑)

さあ買うもの買ったので後は帰るだけ。
徳光サービスエリアから北陸道を東に向かい、
小矢部砺波ジャンクションから東海北陸自動車道へ。

東海北陸自動車道は飛騨トンネル付近から断続的に渋滞していたため、
ひるがのサービスエリアのスマートインターで降りて自宅へ到着。
すぐに買ってきた食材を使い調理に取り掛かります。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
サザエとホタテは炭火焼き!
我が家では夏から秋にかけてはバーベキューコンロが常に出してあるので、
いつでもこうやってバーベキューをする事が出来るのです。

そしてカニと甘エビはそのまま頂きます。
新鮮な魚介類なのでお酒が進む進む(笑)


10月にもまだ休みはあるし、また何処かへ行ってみようと思う。
0

2009/9/29  19:06

シルバーウィーク日帰り北陸紀行その1  旅行日記

クリックすると元のサイズで表示します

秋の大型5連休となったシルバーウイーク。
仕事がら祝日は出勤なので5連休までは休めませんが、土日は普通に休み。
嫁さんの友だちがうちへ遊びに来ていたのでどこかへドライブしようと言う事になり、
3人でお隣の福井県にある『永平寺』へ行ってきました。

朝8時には自宅を出発。
無料化されている油坂峠道路を経由して国道158号線で
九頭竜ダム沿いの道を西に向かい、永平寺を目指します。

この九頭竜沿いは山中の何もない道ですが、観光客が多く通る道。
大型連休という事もあり多くの車やバイクとすれ違います。


クリックすると元のサイズで表示します
1時間半ほどで永平寺に到着。
早めに出たのでまだそんなに人は多くないだろうと思っていたのですが、
多くの車やバスが永平寺周辺に集まってきています。

何とか門に近い民間駐車場に1台の空きを見つけて駐車。

クリックすると元のサイズで表示します
永平寺がどういう所なのか、事前に勉強していなかったのでビックリしました。
何にビックリしたって、まずその敷地の広さ。

普通お寺というと門をくぐって庭があって大きな本堂があってとそれだけだと思ったのですが、
それ以外にも修行僧のためのさまざまな伝統ある建物があり、それを可能な限り
一般の参拝客にも公開をしているのです。

永平寺は曹洞宗の大本山となる修行のための厳格なお寺さん。
現在も200名以上の方が日々厳しい修行を積み重ねているそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
静かながらもピリっとし、そしてとても幻想的な永平寺の風景。
永平寺では座禅だけでは無く生活すべてが修行であるとの考えの下、
起床から食事、入浴、排泄、睡眠にいたるまですべて作法に従い厳粛に行われています。
説明を受けたり映像を見ましたが、本当に厳粛で厳しい修行を重ねているそうです。
0

2009/9/22  19:47

夏休み ハワイ旅行記 5日〜6日目  旅行日記

夏休みハワイ旅行もいよいよ最終日。
午前中にホテルを出発し、日本へと帰国します。

クリックすると元のサイズで表示します
宿泊したホテルのラナイ(ベランダ)からの眺め。
ビーチに面したホテルでは無かったけど、ワイキキの街の中心にあって
コンビニやショッピングセンターも近くとても便利なホテルでした。

クリックすると元のサイズで表示します
帰国便はJALウェイズ83便。
ホノルルを13時(日本時間翌日朝8時)に出発し、日本には夕方に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します
出国審査後、出発までまだまだ時間があったので空港内を散策。
帰国便の隣に駐機していたハワイアン航空の飛行機(手前)を撮影してみました。

この後、約8時間のフライトを終えて無事にセントレアに到着。
長いようで短かった夏休みは終わりました。



ハワイはこれが2回目です。
僕は基本的にアメリカという国は大嫌いなんですよね。
自己中心的で、傲慢で、自分たちの利益しか考えていない、そんなイメージが強いからです。
数年前、アメリカ本土を旅行した時にもそう感じた出来事があったし、
「2度とアメリカへなんか行くもんか!」と思っていました。

しかしそんなアメリカ嫌いの僕がハワイとはいえアメリカに2年続けて旅行。
ハワイにはアメリカ本土には無い暖かさや緩さがあり、それに惹かれたんですよね。
アメリカ本土へは余程の事がない限り旅行はしないと思うけど、
ハワイは何度でも訪れたい、そんな魅力がある島です。


海外旅行、出費がかさむし長期の休みも取りにくいので頻繁には行けないと思うけど、
自分の経験のためにも、自分の楽しみのためにも、何より1年間頑張った自分へのご褒美に、
これからも続けてゆきたいですね。
1

2009/9/21  19:32

夏休み ハワイ旅行記 4日目  旅行日記

夏休みハワイ旅行の4日目。
実質的な最終日となったこの日は夕方まで何も予定がないので
朝からプールでノンビリと過ごしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
宿泊したホテルにプールがついています。
大きくは無いのですが人も少なくてノンビリ過ごせるのがGood。
ビール飲みながらのプールは最高です!

クリックすると元のサイズで表示します
夕方からは「Chai'sディナー&夜景ツアー」に参加。
アロハタワー内にある創作中華レストラン「チャイズ・アイランドビストロ」で
ハワイアンエンターテイナーショーを見ながらディナーを頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します
コースディナーはボリュームが満点。
創作中華という事で、今まで食べた事のない料理がたくさん出てきて、
本当に美味しく頂けました。

クリックすると元のサイズで表示します
「チャイズ・アイランドビストロ」のえんたーティナーは日替わり。
大体曜日ごとに誰が出演するかは決まっているのですが、
時にはジェイク・シマブクロさんなど大物ゲストが登場する事もあるそうです。
この日はシスター・ロビーさんによるショーが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します
ディナーの後はハワイの街中を散策しながら夜景スポットへ移動。
目的地は「タンタラスの丘」で、ここはワイキキからホノルルの夜景が一望できます。
日本でもいくつか夜景を見に行きましたが、どれにも負けない素晴らしい夜景です。

クリックすると元のサイズで表示します
タンタラスの丘からの帰り、オバマ大統領が通っていたという小学校の門前に、
月下美人の花が咲いていました。
月下美人は夜にしか花を咲かせず、一晩で散ってしまう非常に珍しい花です。
1

2009/9/19  5:47

夏休み ハワイ旅行記 3日目 その3  旅行日記

KCCの朝市を終えて次に向かったのは「SAFE WEY」。
全米に店舗展開をする大型のスーパーマーケットチェーン店です。

クリックすると元のサイズで表示します
店の外観、とにかくデカイスーパーマーケットです。

クリックすると元のサイズで表示します
店に入る前にガイドさんが買ってきてくれた「レナーズのマラサダ」を頂きます。
「マラサダ」は揚げパンなんですが、中身はふっくらでサッパリとしています。
http://www.hawaii123.com/oahu/eat/snack/leonards.html

しかし朝からどんだけ食べているんだ、ウチらは(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
中に入った第一印象は「とにかくデカイ!」
スーパーマーケットの作り自体もそうなんですが、打っているものもさらにデカイ!
こんなデカイものバクバクと食べてりゃそりゃ身体も大きくなるわな。

クリックすると元のサイズで表示します
その後に向かったのは「アロハスタジアムのフリーマーケット」
アロハスタジアムはハワイ州立大学フットボールチームのホームスタジアムで、
NFLのオールスターゲームが毎年開催される場所でもあります。

そんなアロハスタジアム周辺の駐車場で毎週木、土日曜日に行われるフリーマーケット。
観光客向けでもあり地元向けでもあり、ハワイの土産を観光地よりも安く手に入れれます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
嫁さんがフラダンスを習っている関係で、フラ関連グッズのお店を多く回りました。
フラダンス教室の他の生徒さんの分も含めて10人分のグッズを探索。
色々なお店を回って安い店を探したり値切ったりと買い物を堪能。

制限時間の2時間があっと言う間でしたね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ