2008/4/29  20:57

大きな勝利  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第10節
4月29日(火)13時キックオフ@笠松運動公園陸上競技場
水戸ホーリーホック 1−3 FC岐阜
得点:【岐阜】森山、片山2 【水戸】荒田

関東遠征2連戦の2戦目、中二日での試合となった水戸ホーリーホック戦。
前節退場となって出場停止の小峯の代わりに深津がスタメン、コンビを組むセンターバックの選手にはここまで9試合でスタメンを続けた川島では無く菊池完が今期初スタメン。これはサブ組で練習試合を続けてきた深津&菊池のコンビネーションと川島の疲労を考慮してのスタメン変更か。またフォワードの片山に代わって森山が今期初スタメン。前節とスタメン3人を入れ替えて試合に臨みました。

中二日の披露があってか、試合開始から動きが重いFC岐阜。いつもの前線からのプレッシャーも自慢の豊富な運動量も見られず、主導権を握れないまま試合は続きます。そんな中地味ながらも前線で潰れ役に徹していたのがフォワードの森山。さすがにスピードは全盛期よりも落ちているけれどベテランらしいスペースを狙う動きで相手を引きつけて片桐など他の攻撃陣を引っ張ります。そして前半26分に左サイドの片桐が意表を突くプレーから入れたクロスを森山がスライディングで決めて先制。まさに森山らしい泥臭いプレーとシュートで先制点を挙げます。

その後の前半残り時間と後半30分までも、それまでと同じように動きが重く主導権を握れずに苦しい戦いが続きましたが、後半15分から森山に代わって途中出場の片山が本当に数少ないチャンスを確実に決めて2得点。結果3−1で勝利し連敗を2でストップしました。

最後まで本当に苦しい戦いでした。体力的にも厳しくいつも見せる岐阜らしい激しい動きもほとんど見られなかった。でも最後まで諦めず、攻守ともにここ一番で集中したプレーを見せてくれました。特にここ2試合で失点の多かった後半ラスト15分をキッチリと無失点で終えた事は大きいですね。

連敗を止めて関東遠征を終えました。
この後も中三日、中二日と試合が続きます。しかし次とその次の試合はホーム・長良川で行われる試合。体力的には苦しい試合が続きますが、苦しい時こそ私たちの声援と拍手で選手たちを後押ししましょう!
0

2008/4/27  19:57

チャレンジ!  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第9節
4月26日(土)16時キックオフ@平塚競技場
湘南ベルマーレ 4−2 FC岐阜
得点:【岐阜】オウンゴール2【湘南】石原、原、アジエル、加藤

この試合まで喫した3敗、仙台戦・C大阪戦・横浜FC戦はいずれもあと一歩の所まで相手を苦しめながらも攻めきれずに負けた試合でしたが、この試合はまさに手も足も出せずに負けたと言っても良い内容でしたね。

岐阜の戦い方をしっかりと研究して長所を潰し、逆に湘南の堅い守備からの素早い攻撃に最後まで苦しめられてラスト10分までは何とか踏ん張ったものの足が止まったところを3失点で逆転負けです。

でも時おり見せる岐阜の鋭い攻撃は迫力があったし可能性を感じました。
戦い方、チームの向いている方向は決して間違ってはいないと思います。

後半ラスト15分で足が止まらないような試合の運び方、選手層の底上げスキルアップ、数少ないチャンスをしっかりと決められる力の向上など課題を挙げればキリがありません。

しかし俺たちまだまだJリーグ1年生、1試合1試合が勉強です。
失敗を恐れず、チャレンジする事を忘れずに戦っていこう。

下を向いている暇はない、明後日はもう水戸戦だよ!
0

2008/4/19  22:43

全力プレー  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第8節
4月19日(土)14時キックオフ@岐阜メモリアルセンター長良川競技場
FC岐阜 2−3 横浜FC
得点:【岐阜】片山、吉村 【横浜】オウンゴール、八田、アンデルソン

クリックすると元のサイズで表示します

1年でのJ1復帰を目指す横浜FCとガチンコ勝負で2−3で敗戦。
先制して一度は追い付かれるもまた突き放して「勝てるかな?」と思ったけど、やっぱり甘くなかった。残り10分で2失点をして逆転負けを喫しました。

負けという結果はメチャメチャ悔しいのだけれど、足が止まりかけながらも最後まであきらめずにボールを追いかけ攻め続け元J1クラブを相手に堂々と渡り合った姿はスタジアムへ足を運んだサポーターに伝わったはず。勝ち負けももちろん大事だけど、それ以上に今の岐阜に大切なのは「最後まで全力で戦う」こと。

選手層が薄いのは仕方が無い事だし、リードした時の試合の運び方もこれからチームとして成長していけば良い。この敗戦を糧にさらなる「全力プレー」を期待しましょう!
0

2008/4/12  15:40

春の珍事!?んな訳ない  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第7節
4月12日(土)13時キックオフ@レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡 1−5 FC岐阜
得点:【岐阜】片桐2、高木、梅田2 【福岡】中村

クリックすると元のサイズで表示します

JFLから昇格したばかりのFC岐阜が、J1経験もあるアビスパ福岡にアウェイで5得点で快勝。結果だけ見れば「春の珍事」と捉えかねられない結果ではありますが、水曜日の練習の模様を見て、そして今日の試合をTV観戦した僕の感想は「勝つべくして勝った結果」ですね。

水曜日の練習で行われた狭いスペースでの4対4のミニゲーム。
この時に監督が出した指示は2点。攻撃側には「ボールを持っていない所でフリーになり、ボールを持った選手をフォローしろ」対する守備側には「ボールを持っていない選手をフリーにするな、そしてボールを奪いに行った選手をフォローしろ」という事でした。

そして今日のアビスパ福岡戦。
危ない場面やフリーにする場面は幾つかあったけど、水曜日のミニゲームで出された監督の指示を選手たちはキッチリ形にし、結果5得点を挙げ勝利を手にしました。

アビスパ福岡も岐阜との戦いに対して準備に余念はなかったと思います。でもその準備してきたことを形にできたかできなかったか、その差がこの試合の結果に表れましたね。形にできるのはやはり監督の指示が一貫していてかつ的確であるからでしょうね。

次戦はJ1復帰を狙う横浜FC。
強敵であるけれど何も恐れる事はありません。
監督を信じ、自分たちの力を信じ、そして奢り過信せず謙虚に戦えば必ずチャンスはやってくる。あとはそのチャンスを物に出来るかどうかだけ。

さあ次も戦おう!
0

2008/4/6  21:40

価値あるドロー!?  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第6節
4月6日(日)16時キックオフ@岐阜メモリアルセンター長良川競技場
FC岐阜 1−1 サンフレッチェ広島
得点:【岐阜】菅 【広島】槙野

クリックすると元のサイズで表示します

首位・サンフレッチェ広島への挑戦。
相手が昨年J1を戦ったクラブで戦力も強力で現在首位だからと言ってもここは俺たちのホーム長良川。絶対に負けたくない一戦でした。

岐阜を研究し尽くして対策を練り実践した広島。そんな相手に前半は成す術がなく0−1で終了。しかし後半は岐阜もきっちりと修正し、攻守ともに広島を圧倒。1点を奪い返して1−1のドローで終了です。

後半の勢いだけ見れば惜しいチャンスも幾つかあったのに決め切れずにドローと悔しさも残るけど、冷静に振り返ってみて、前半に再三のピンチがあったものの1失点で済んだ事を考えると負けなくて良かったのかな?と思える事も。まあ勝てなかったけど首位相手に価値あるドローとして評価できる試合ではないでしょうか。

でもね、満足はしないよ、ドローなんだから。
だってホームゲームだもん、相手が何処だろうと勝ち試合が見たいからね。
0

2008/3/29  18:16

悔しいねぇ  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第5節
3月29日(土)16時キックオフ@大阪長居スタジアム
セレッソ大阪 1−0 FC岐阜
得点:【C大阪】酒本

クリックすると元のサイズで表示します

自宅にてスカパー!観戦。
DF陣は90分間ずっと集中力を保つことは至難の業。集中してよく守っていた岐阜DF陣の本当に一瞬の隙を突いてゴールを決めたのはさすがJ1を目指すチームでした。

しかし岐阜DF陣も負けてはいませんでした。最後まで集中して守り続け追加点を与えなかった事はこの試合で得た大きな収穫。古橋やカレカといった強力攻撃陣を抑えCKを10本与えながらもシュート5本に抑えたのはDF陣が集中してよく守っていたからでしょう。

攻撃に関しては相手によく研究されていたかな?
中盤の薮田と和正そして片桐を早めにチェックしボール供給源を断つことによって岐阜の前線を孤立させ攻撃を機能させないようにしていました。途中で相川を入れて打開を図りましたが、セレッソ相手の守備に体力を消耗したのか足が動かなくなってしまったのは非常に残念でした。

最後に苦言を一つ…。
吉村の異議でのイエローカードはもったいなかったですね。
FC岐阜は決して選手層が厚くありません。最近は怪我人も多く毎試合のようにスタメンを変えざるを得ない試合が続いています。そのような状況で審判への異議という貰わなくても良いイエローを貰い、警告累積もしくは一試合2枚のイエローで退場し次節出場停止になったらどうするのよ?自分たちで自分の首を絞めるような行為は反省してもらいたいですね。激しいチェックや理不尽なファールを受け続けても文句一つ言わず、黙々とチームプレーに徹している片桐を見習ってほしいものです。
0

2008/3/24  20:43

初心忘れるべからず  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第4節
3月23日(日)18時キックオフ@岐阜メモリアルセンター長良川競技場
FC岐阜 2−1 徳島ヴォルティス
得点:【岐阜】梅田、片山 【徳島】ドゥンビア

クリックすると元のサイズで表示します

去年6月23日以来、9カ月ぶりにホーム長良川での勝利。
Jの先輩・徳島相手に最後まで気持ちで負けずに戦い、そして勝利を挙げた。
全員が同じ目的を持ち、同じ方向を向き、チームとして戦ったからこその結果。
これぞまさに松永監督が目指す「全員サッカー」ではないだろうか。

試合後に監督がスタンドに突き上げたガッツポーズが印象的だった。
このホーム長良川での勝利を誰よりも待ち望んでいたのは、もしかすると松永監督自身だったのかもしれません。

これでリーグ3位タイに浮上。
でもこの順位に勘違いしてはいけない、本当の実力はこのレベルでは無い。
チームもそして俺たちサポーターも今の戦いぶりに驕る事無く、常に謙虚さとひたむきさを忘れずに、対戦相手とレフリーをリスペクトしつつ戦いを続けてほしい。

これからも初心を忘れずに戦っていこう。
0

2008/3/20  20:31

J初勝利!  FC岐阜試合ネタ

2008Jリーグディビジョン2 第3節
3月20日(木)13時キックオフ@NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形 3−5 FC岐阜
得点:【岐阜】高木2、片山2、菅 【山形】豊田、渡辺、レオナルド

情報をシャットアウトして帰宅しビデオ観戦。
先制するも15分、18分と立て続けに失点した時には岐阜の「得点機会力不足」からして逆転は無理、良くて引き分けか虐殺もありえると思ったけれど終わってみればまさかまさかの5得点で快勝。アウェイ山形の地でJ初勝利を飾りました!

今年初めてゴール裏以外の所から試合を見たので単純に前の2試合と比べることは難しいですが、攻守ともにチームが一つになって戦い、点差が開いても油断することなく走り続けたことがこの一番の勝因ではないかと思っています。得点こそ挙げられなかったものの自由に動き回りチャンスメイクからピンチの芽を摘む仕事と片桐の活躍には目を見張るものがあったと思います。この試合のMVPは間違いなく片桐に決まりでしょう。

失点に関しては反省すべき点が多いでしょうね。
1失点目は山形のターゲットマンとしてわかりきっていた豊田をフリーにし、2失点目は同点に追いつかれた混乱を収拾できないまま決められ、3失点目は5−2となったロスタイムであのまま試合を終わらせなければいけない所をコーナーキックから決められるなどと比較的もったいない失点ばかり。5得点できたから勝てたものの普通なら3失点では負け試合ですからね。これからも得点できる機会は少ないでしょうから、この試合の失点を修正し次の試合に臨んでもらいたいですね。

何はともあれ初勝利はうれしいもの。
現地まで行かれたみなさん、スタジアムまで行けなかった人たちの気持ちを背負いサポートしてくれて本当にありがとう。今度はホームで勝利を挙げられるように頑張っていきましょう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ