2009/12/6

スランプ 伊勢崎シティーマラソン  2009-2010マラソン大会参戦記

晴天の下で行われた第5回伊勢崎シティーマラソン
心配されていた風も思ったよりも穏やかで、絶好の気象コンディション
調整もそれなりにして、先月の県民マラソンよりも重視して臨んだ大会

なのに…
最悪の結果に頭を抱える
もう、どうしていいか解らない…
トレーニングでの5,000mのペース走、21km持久走でも、昨年同様のタイムなのに、レースで結果がでない
原因は、心肺負荷への恐怖心?
ゴール後、脚は全然余裕なのに、レース中に上げられない…
呼吸が苦しいのが恐い…

レースを終えて数時間、ずぅ〜っと考え続けて、ひとつの答えが!
クロストレーニングの効用ですョ
頸椎ヘルニアを発症する前まで、春〜夏に掛けてはカヤックのトレーニングで自然と心拍数を200近くまで上げてたんですね。
もちろん、カヤックに乗れなくなった分、ランニングで同様のトレーニングをすればいいんだけれど、足首や腰に不安があってついつい逃げ腰に
しかも、走って心拍数上げるのって結構辛いし…
でも、このスランプの出口は、心肺負荷のトレーニングでのみ打開できる筈
1月末の若潮フルには間に合いそうがないけど、来シーズンに向けて取組みを工夫しなきゃいけません

クリックすると元のサイズで表示します5km:20分39秒(4分08秒/km)
10km:41分49秒(21分10秒:4分14秒/km)
15km:1時間03分20秒(21分31秒:4分18秒/km)
20km:1時間25分01秒(21分40秒:4分20秒/km)
ゴール:1時間29分44秒(4分43秒:4分18秒/km)

決して5kmの入りが速過ぎた訳でもなく、しかも決して手を抜いた訳もなく、苦しみもがきながら一所懸命走った結果がこれですョ
この現実に泣きたくなります


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ