2010/1/31

復活! 若潮マラソン  2009-2010マラソン大会参戦記

ポカポカ陽気で穏やかな天気、アップをすると暑い位のマラソン日より
しかも、午後からは南西の風になる予報、つまり一番苦しいところが追い風の予報(コース図⇒こちらから)
当に、絶好の気象コンディション!

そんな中、セカンドベスト目指してスタートしました
4分25秒/kmのペース設定です

号砲‐スタート:15秒
いつもなら、人波を縫って前へ前へ行くところですが、今日は目標そのものが高くないので、焦らず進みます

5km:21分38秒(21分23秒:4分17秒/km)
の割には速い入り… このまま行ったら潰れます!

10km:43分05秒(21分27秒:4分17秒/km)
ペースを落とした筈なのに殆ど変わらず、身体が温まってきたのでしょう
このまま行ったら、絶対に潰れます!! 

15km:1時間04分46秒(21分42秒:4分20秒/km)
10km過ぎからは、敢えて意識して周りの人に抜かれるようにペースを落とし、いい具合でペースダウンに成功! 
とにかく、25kmからのアップダウンに備えて、10〜20kmは休みましょう

20km:1時間26分38秒(21分49秒:4分22秒/km)
風が出てきました しかも追い風 絶好の休憩区間となりました
さらなるペースダウンに成功

中間点:1時間31分23秒
自然なペースダウンにより、全然身体にキテません
あれれ〜? 自己新ペースですよォ〜
でも油断禁物 “若潮”はここからが本番です

25km:1時間48分27秒(21分52秒:4分22秒/km)
ここから徐々にアップダウンが始まります
この5kmは22分05〜20秒でペースの維持に務め、作戦通り

30km:2時間10分22秒(21分55秒:4分24秒/km)
さらにアップダウンの激しい区間、しかも向い風
22分30秒で行ければ大成功と思いきや、ペース維持に成功

35km:2時間32分10秒(21分48秒:4分22秒/km)
30km過ぎに最大のアップダウンがあるものの、下り基調の区間
海岸線に戻って来た33km地点、狙い通りの追い風
ここから、一気に勝負!

40km:2時間53分37秒(21分26秒:4分17秒/km)
あと7km、あと6km… カウントダウンしながらペースアップ
クリックすると元のサイズで表示しますあと5km、苦しい… でもこのまま行けば自己新確実! あわよくば2分台…
こんないい条件、滅多にない
この5日間、アルコールも断った
これで復活宣言できる!
いろんな思いを胸に走ります

あと2km、もう限界…
でもここまできたら、何がなんでもペース落とさずに…
遠い遠い2km… 健闘空しくペースダウン
2分台は夢と散りました…
ゴール:3時間03分28秒(9分51秒:4分29秒/km)

今回の収穫
・もちろん、自己ベスト更新
・エネルギー補給系 
 朝食:スタート前3時間前までに、ガッツリと“実家のお雑煮”
 90分前:“フ○パン チョコ入りメロンパン(700kcal)”
 エイド:アクエリアス
 ⇒これで全然空腹感を感じませんでした!
・レース運び
 単に距離だけではなく、起伏・風向きを意識して組み立て、見事にハマりました!

と、いつもこうはいかないあたりが、マラソンの面白いところなのでしょうね。
なんたって今回の自己ベスト更新、最大の立役者は“絶好の気象コンディション”ですから…

余談ですが…
若潮は大好きな大会です 別に生まれ育った地の近くで行っているからだけではありません 理由は↓
・温暖な気候
・綺麗な海岸線、お花畑の風景
・適度なアップダウンで、筋肉を部分的に休ませられる
・地元の皆さんの派手ではないけれど、温かな応援
・運営側のホスピタリティ
全体的に何かのどかでホッとします
30回と続いたのも頷けます
毎年の大会の準備、運営、後片付け… たいへんでしょうが、いつまでも続けて欲しい大会です また来年も行きますよォ〜!

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ