2011/12/30

フォールディングバイク復活作業@  自転車(サイクリング)

クリックすると元のサイズで表示します復活計画、着々と進行中
まずはステム、DAHON純正新品
現行付いているのは高さ調節が出来ないタイプ、どうしてもママチャリポジションになってしまします
流石に中古は見つかりませんでした
ちなみにこれだけで10,000円
ホームセンターで安い新品一台が買えちゃいますね

続いて、ヤフオクで落札したシングギアクランクセット(52T)と、リアディレーラー
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ウチにある余ったパーツ、ビンディングペダルにバーエンドシフター
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに、走行性能向上を目論みホイルをグレードアップ!
と妄想していたものの、リアエンド幅が126mmのため、色々な策を考えるも断念…
ただ、スプロケットの調子が悪いので要交換
これがまたエンド幅の影響で頭を悩まします

あと必要なパーツは…
Vブレーキレバー、グリップ、チェーン、インナーおよびアウターワイヤー、ブレーキシューってトコかな

クリックすると元のサイズで表示します今日の作業は、分解清掃

まず、不要となったチェーン、クランク、リアディレーラーを取り外し、フレームを隅々までマジックリンで磨き上げ
見違えるように綺麗になるものです

そうすると、今度は錆が目立ちます
ヘッドパーツ、シートポスト、スタンド、Vブレーキ本体、マッドガードステー…
それぞれをピカールで磨き上げ

最後は前後ホイルを外して、ハブ、リム、スポークを同じくピカールで磨き上げ
思っていたより綺麗になって満足満足

このペースで行けば、1月半ばには仕上がりそうです


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ