2006/4/9

国体県予選  カヌー大会参戦記

今日は、カヌーの国体県代表を決める選考会。
昨夜から強くなった風は今朝になると少し落ち着いた様子。
と思いきや、長瀞荒川の県予選会場に向かうにつれ、徐々に風が強くなる。
会場に着くと、荒川では珍しく追風。
でも、暫くすると向い風に変わる。しかも更に風が強まる。
「ヨっしゃぁ!」
オイラは向い風だと有利! (だと勝手に思っている)
身体が小さいうえ、スプーン形状のウィングパドルではなく平面状の平パドルなので、風の影響を受けにくい。
11:00過ぎ、ノンストップトレーニング。
後半の瀞場は、風で波が三角に立つほどの向かい風。
ひとり漕ぐのは辛いけど、条件は皆同じ、っていうよりむしろオイラにはよい条件、と言い聞かす。身体も思ったより動きは良い。
いよいよ本番。
クリックすると元のサイズで表示します
年々寒さに弱くなり、過去最も遅く乗艇トレーニングに移行。
乗艇するも、寒くて流れの中のトレーニングをする気になれず、ろくな練習をせずに臨んだ今大会。結果はいかに?!

正式記録は電算トラブルにより、後日報告とのこと。
速報によると、群馬県参加者のうち最高タイムらしい。
県代表に選ばれる可能性大。
内心ホっとするも、オイラのような年齢がトップとるようじゃぁ・・・
とにかく、少しでも早く、若手を発掘、育成しなければ!

大会は、非常に手際良く、15:00には全て終了したので、クルマを置き、“ひらりん@夫人”とチャリで長瀞駅方面に花見。
まさに満開!
クリックすると元のサイズで表示します
渋滞のクルマを縫って、桜のトンネルをくぐり、チョー爽快!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ