2010/3/14

ランニング学会大会2日目  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します大会2日目は恒例モーニングランで始まります
大会開催地(初めての土地)でのランニングはたとえ距離が短くても楽しみなものです
今年は、大会会場:日産スタジアムの周辺をランニンング
時間の関係で30分弱でしたが、初めての地でのランニングは新鮮です

さて、本日のメニューも興味深い内容でした
前日よりも運動生理学的な内容(専門的)が多く、すいません、オイラの知識ではまとめられません…
その中で「スポーツ医学の課題」と題してご講演いただいた中島寛之先生の内容は涙が溢れるほど共感しました
こどもから、介護予防までのことを考えた一貫した取組みが必要だと提唱していたのだと思います
・小学校の体育授業や運動会が速筋繊維で優劣がつくプログラムが多く、遅れて優位性が発揮される遅筋繊維の考慮がない(これから伸びるかも知れない子を潰している可能性がある)…
・こどものうちに身のこなしを習得させる
・縦割り行政(介護予防=厚生労働省、子供の体育=文部科学省)ではなく、互いに協力する必要がある
などなど、盛り沢山な内容でした

イマイチ、大会のイメージがわからないと思いますが、関心のある方は是非一度足を運んでみることをお勧めします。

来年は徳島大学で3月に開催される予定です。


新横浜、リバーサイドジョグ 約3.2km:26分42秒(8分20秒/km)

◇◆◇ 3月の累計走行距離 24.5km ◇◆◇


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ