2011/11/7

南牧村紅葉サイクリング  自転車(サイクリング)

クリックすると元のサイズで表示します膝を故郷している“ひらりん@夫人”のリハビリトレーニングと紅葉ウォッチングを兼ねて、南牧村へ。

デポ地は下仁田駅南の青岩公園
以前カヌー教室を行ったことのある公園です

クリックすると元のサイズで表示します南牧村に向かう途中でちょっと寄り道

“Go!伊勢崎”の丸男さんが以前サイトで紹介していた白石工業の炭酸カルシウム乾燥小屋

想像通りの規模に感動!

丸尾さんの記事はこちらから ⇒ http://www.go-isesaki.com/aokura.htm

クリックすると元のサイズで表示します南牧川沿いの県道を上流に向かって進むと、石垣の段々畑の風景に出会えます

斜面に広がる畑
先祖代々の知恵ですね
このような風景、このような農法も、この地だからこそのものだと思います

規模拡大、集約で競争力を高めることなど難しい条件ですね?
でも、この地の人達にとってはこの“農”(あえて“農業”とは言いません)が必要なのだと思います
いつまでもこの風景が残る日本であって欲しいものです
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します徐々に道も細くなり、集落も疎らになり
谷も深く、気温も下がってきます
とともに随所に紅葉がひかります
でもまだちょっと早かったかな?

クリックすると元のサイズで表示します遠くに見える山の頂付近はパッチワークのように色付いています

クリックすると元のサイズで表示しますとうとう道が無くなり、ここからは徒歩で最終目的地“象ヶ滝”を目指します

遊歩道から見える紅葉
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します10分弱で滝に到着

なるほど! 象に見える!?

紅葉にはちょっと早かったけど、の〜んびりと楽しめたサイクリングでした

限界集落と言われている南牧村の将来… いや、これは日本の将来像かも…
勝手に色々と考えさせられた充実の小旅行でした

がッ、地域の食を提供するお店がことごとく準備中だったのには残念
でも途中で寄った菓子処信濃屋嘉助さんの“嘉助のまんぷく団子”と“森林のお炭つきまんじゅう”に大満足!

機会があれば、是非お立ち寄りくださいね! お勧めです!


本日の走行距離:約49.2km

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ