2017/9/13

何があっても"日常"を貫きたい…  トレーニング日誌

今朝は今シーズン最後の(?)レース

昨年のリオ五輪での活躍を記念して始まった
"第2回羽根田卓也オリンピックメダル獲得記念カヌースラローム大会"
に向けてスラ艇トレーニング

トレーニングを終えて
午前は先週から始まった市主催"筋力アップ教室"に移動
赤堀の粕川サイクリングロードでの一コマ
クリックすると元のサイズで表示します
人間の世界で何があろうとも
季節は"日々"淡々と進みますね…

花といい、空気感といい…
すっかり秋の風景ですね


さて、先々週の火曜日早朝
北朝鮮がミサイルを発射したとのJアラートが鳴り響きました

ようやく話題も落ち着いてきた感があるので
ボクの(現時点での)基本的スタンスを残しておきますね…

まずJアラートの当日
(ほぼ)全てのメディアが北朝鮮の話題に染まる状況に身震いを覚え
務めて"日常"を過ごすようにしました

"日常"が"非日常"となる可能性があることは否めないかも知れません
でも、それはボク達の力では今直ぐどうなることではありません

ボク達凡人が今できることは
無駄に騒がず、無駄に怯えず…
日々、平凡な日々を送れる幸せを再認識し
いつまでもその日々を送ることに徹することだと思うのです

"平和ボケ"と批判する方も居るかもしれません

"平和ボケ"結構!
平和な社会に生まれ育てて貰った身として
最高の誉めコトバです

ボク自身、そして次なる世代までもが
いつまでも"平和ボケ"で居られる…
そんな社会の何が悪いっ!?

ただ…
そんな社会に生きている裏では
日々戦争が繰り広げられてています

なぜでしょう…?

答えはひとつではないかも知れません

でも、もしかしたら…
何気ないボク達の日々の生活が
遠い国の戦争に加担しているかも知れない…

そんな想像力も発揮しながら
"日常"を見直しなが"平和ボケ"を貫き
より広い地域社会の人々が"平和ボケ"で過ごせるよう
"日常"に拘って生きて行きたいと思っているのです

仮にミサイルにより"日常"が壊される危機に遭遇したとしても
もはやどうにもならないことだと思いますから…

仮に"日常"が壊される日が来たとしても
最後まで覚悟して強い意志を持って"日常"を過ごしていたいと思っています


で、ここからはファンタジーね…

ところで、あれから2週間も経ちながら
ミサイルの残骸発見されてませョね?
ってか捜そうという動きも耳にしませんョね…?

素人なので
領海等の詳しいことはわかりませんが
あそこまで大騒ぎにしておいて
なぜいち早く捜しに行かないのかと…?

もしかして"ガセ"?

今や世界中に拡散するIT技術
北朝鮮が日本(アメリカ)のレーダーに"ミサイル"発射したような軌道を発信することも可能なのでは…?
その方が実際にミサイル打つよりコスト安いと思うし…
(ボクならそうするなぁ〜)

いっそのこと
そんな嘘データ送信合戦になればいいのに…

A国がB国のレーダーにミサイルを打ったというガセデータを送り
B国がA国のガセデータの軌道上でガセ迎撃する… みたいな…

そうなれば
生身の人は誰も傷つきませんョね
誰も血を流しませんョね

各国の執行部が日々PCに向かってゲームみたいな…
あぁ〜 なんて素晴らしぃ〜"平和ボケ"!

そんな世の中が…
来る訳ないか…


今朝のトレーニングメニュー
 ・10分漕
   西部うぬき橋周辺3周(約1.2km) 13分29秒
 
 ・スプリント漕(約210m×3)
   1分09秒 1分10秒 1分10秒

 ・ターン練習(右ターン〜左ターン連続)×8本

三光町 47cm
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ