2017/12/3

スポーツクラブの役割が明確になった!? カヌースラロームコーチセミナー  トレーニング日誌

本日、ご当地伊勢崎では地域最大のランニングイベント"伊勢崎シティマラソン"ですが…
昨日から二日間に渡るカヌースラロームコーチセミナー参加のためDNS

旅に出たらそのまちを走れ!?

ってことで、朝ランは宿泊していた新小岩駅前のホテルから
首都高中央環状線かつしかハープ橋下の上平井水門往復〜♪

この辺のランドマークはご存知"スカイツリー"
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
水門からはスカイツリーの右隣に富士山! (たぶんこの画像じゃわからないと思いますが…)


さて、本日のセミナーの内容をね

まずはスポーツ外傷・傷害とその対処方、メンテナンス法
(ここについては日を改めて… 書く"つもり"です… たぶん…)

続いて、オーストラリア、日本、フランスの育成プログラム、トレーニング計画、トレーニングメニューなどなど…

特にオーストラリアの育成システムはたいへん参考になりました
クリックすると元のサイズで表示します
長期の育成モデルです
(この画像ではもちろん何のことかわからないと思いますが…)

まずは赤帯の"F"のステージ
これは「Faundation Stage」

続く黄帯"T"は「Technical Deveropment」
緑帯"E"は「Elite」、"M"は「Mastery」

で、当クラブの担うべきは"Faundation Stage"
コレが"明確"に分かっただけで今回参加した価値がありましたョ!

このFaundation Stageは
楽しみ、遊び感覚をメインにカヌースラロームに親しみ
簡単なパドリング、カラダの動かし方、姿勢等、基本的なスキルを身に着け
初級のレースに参加する段階

まさにココっ!
ココですョ、当クラブが担うべき役割

ココから次のステージが始まる!
もちろん、次のステージも用意しなければなりません

それはまたクラブとは別の立場で考え、構築してきましょう

ただ、繰り返しになりますが…
伊勢崎西部スポーツクラブ(ラブリバーカヌークラブ)の役割はココ

こんな歴史のない地方の小さなクラブが
日本のカヌースラローム界におけるトップ排出の一端を担えるかしれない
いや一端を担えると信じて…

後発ですが、やるべき最大限のことはやって行きたいと
決意を新たにした、師走の2日間でした

ホンと、参加してヨカッタわ〜!


今朝のトレーニングメニュー
 ・30分ジョグ
   新小岩〜上平井水門往復 (約5.4km) 37分30 (6分57秒/km)


◇◆◇  12月の累計走行距離 5.4km  ◇◆◇



【もっと気軽にEnjoy Sports !】
 ・特定非営利活動法人伊勢崎西部スポーツクラブ
  (火曜日〜土曜日、小学生〜高齢者まで活動中!)
  詳細 ⇒ http://wind.ap.teacup.com/seibusports/>


【速く走るから上手く走るへ】
 ・ランニング足袋"無敵"取扱い
 ・ヒューマンランニングセミナー開催中
  詳細 ⇒ https://www.facebook.com/FactSports-431406443888316/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ