2018/9/11

国体参加を目指すなら、カヌー競技が狙い目な件  トレーニング日誌



雨上がりの朝
広瀬川河川敷にはヒガンバナも姿を現し
すっかり秋を感じるココ伊勢崎です

清流那珂川カヌースラローム大会から中1日

ふと思ったら…
齢50にして、もしかして群馬県でカヌースラローム一番速い…?

思えば今年6月の関東選手権
国体関東ブロック大会を合わせても
群馬県からエントリーしたのはボクだけでした…

先月末の広瀬川カヌースラローム大会では
オープン参加ながらも成績はトップ

伊勢崎で一番速いということは薄々気付いていたのですが
よくよく考えたら群馬県一!
かも…

もしかしたら県外に進学した学生で速いのが居るかもですが…

でね
コレ、決して自慢しているわけではないんですョ

むしろ、恥ずかしいというか…
逆に誰にでもめちゃめちゃチャンスがあるというか…

例えば国体(2023年からは"国民スポーツ大会"に名称変更)
カヌー競技は各県の代表者が競う関東ブロック大会を経て初めて本選に進めます

1都6県に山梨県を加えた8人で競い、種目別通過枠は以下の通り

・男子スラローム カヤックシングル 4
・男子スラローム カナンディアンシングル 1
・男子ワイルドウォーター 1
・女子スラローム カヤックシングル 3
・女子スラローム カナディアンシングル 1
・女子ワイルドウォーター 1

と言った具合
但し、開催県はブロック大会に参加せずに出ることが出来ます

ちなみに来年の開催県は茨城県ですので
それぞれの種目を7人で競うことになります

なので開催県と同じ関東ブロックでは
僅かばかり通過の可能性が増しますね

このまま行けば
来年、ボクが県代表としてブロック大会に参加する可能性もあるかも知れません…

そんなことは置いといて
実は10年後の2028年
群馬県での国体開催が予定されています

つまり
その時点で群馬県一であれば
ブロック大会を競わずして本選に参加出来るのです!

10年がどんな時間であるのか?

ボクが還暦を迎えます…
も、置いといて…

小学校4年生でカヌー始めた子が高校卒業して1年経つ時間ですョ

あわよくば…
いや十分に、ジュニアの世界選手権に出る可能性もある時間ですョ

もちろんそこに行くまでは本人の意識、覚悟が必要となるでしょう
でも、それだけのことも可能となる時間なわけです

どうでしょう…?
カヌースラローム始めてみたいと思いませんか?

きっとあなたにも
群馬県代表として
全国の強豪たちと競い合える時が来るかもです!



本日のアクティビティ
 ・朝トレ
   30分ジョグ 広瀬川河川敷コース (竜宮橋〜三ッ家橋) 1周+α(5.3km) 31分35秒
    周回コースまでの500m:3分14秒(6分28秒/km)
    周回コース:20分43秒(5分55秒/km)
    周回コースからの500m+西部公園トリムコース400m2周:7分38秒(5分52秒/km)

 ・らくらく筋トレクラブ(伊勢崎西部SC)
   ダンベル体操:各15回×1セット
   体幹トレーニング


◇◆◇  9月の(プライべートトレーニング)累計走行距離 29.4km  ◇◆◇




【漢方”講演会 〜秋を元気に過ごす『漢方の知恵』 (9/24(月/祝))】
 ・https://www.facebook.com/events/1109447825887542/


【ヒューマンランニングミーティング 9月の会 (9/24(月/祝))】
 ・https://www.facebook.com/events/325238604709437/


【第12回ジョギングフェスティバル (10/8(月/祝))】
 ・https://www.facebook.com/events/219499968920568/



☆★☆ もっと気軽にEnjoy Sports ! ☆★☆
 ・特定非営利活動法人伊勢崎西部スポーツクラブ
  (火曜日〜土曜日、小学生〜高齢者まで活動中!)
  詳細 ⇒ http://wind.ap.teacup.com/seibusports/


☆★☆ 速く走るから上手く走るへ ☆★☆
 ・ランニング足袋"無敵"取扱い
 ・ヒューマンランニング・ミーティング開催中
  詳細 ⇒ https://www.facebook.com/FactSports-431406443888316/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ