2016/2/22

多くの収穫!〜女性スポーツ勉強会〜  トレーニング日誌

オフの月曜日
『女性スポーツ勉強会 in 信州上田』に参加

の前に…
朝ランは45分ジョグ
薄雲を開くような朝陽がその雲に反射し
時に太陽が2つあるような今までに見たことの無い光景
(画像はありませんが…)

思えば
午後からの勉強会での衝撃の前兆だったのかも…?

それほどまでにぶ厚い内容に何を書いていいのやら…
今回のサブタイトル
「知っているようで知らない女性スポーツについて学んでみよう」
まさに知らないことだらけ
衝撃を受けましたッ!

主催はNPO法人バレーボール・モントリオール会
総合コーディネーターは
増田明美さんが現役時代の頃からの
マラソン解説で親しんでいた
憧れの宮嶋泰子さん(テレビ朝日スポーツ局スポーツコメンテーター)
クリックすると元のサイズで表示します

講演は山梨大学、中村和彦教授による「子どもとスポーツ」
神奈川県立保健福祉大学、鈴木志保子教授による「栄養から考える女性スポーツ」など
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そしてシンポジウムはオリンピアンによる「女性とスポーツ」
クリックすると元のサイズで表示します

全てにおいて消化できないほどのボリューム
とてもではなく纏めきれませんが…
それでも印象的に残ったことを備忘録を兼ねて掲載

子供の「学力の低下」「コミュニケーション能力の低下」「体力の低下」はそれぞれ独立した問題ではない
学校教育で「学び」を終えるのではなく成人以降も生涯に渡って持ち越すには
「面白く」「心地良く」「自分から」
大人は、面白くのめり込む遊びを提供し、成長を見ながら、少しづつ身を引いて行く

食事を食べていない、体力向上していない子どもは寝ていない
朝ごはんが夜の睡眠を促す
エネルギー不足が無月経、骨粗鬆症に影響する

オリンピアンのシンポジウムは
およそ掲載できないような衝撃な内容
三流アスリートの自らからは想像を絶する世界…
ただ一つ強烈に感じたこと
コーディネーター宮嶋さん、鈴木教授の自由奔放な(?)振りに
的確に聡明に回答する皆さんの姿
中村教授の言っていた
「認知的(思考・判断)」「情緒・社会性(コミュニケーション)」「身体運動(運動能力)」は相互補完性がある
を目の当たりに!

全体を通して
スポーツに関わるものとして改めて思ったこと
スポーツの主役はスポーツをする方であり
その方が“生涯に渡り”良き人生を送る
そのサポートができるよう日々努めて行かなきゃッ!


番外編〜♪

モントリオール五輪、女子バレーボールが獲得した金メダル〜

懇親会でお会いした
カーリングで2018年平昌五輪出場を目指す
スポーツコミュニティー軽井沢クラブの山口選手〜
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


今朝のトレーニングメニュー
 ・体幹トレーニング(2種目 各12回×1)

 ・45分快調ジョグ
   広瀬川河川敷コース(竜宮橋〜三ッ家橋)2周+α(8.8km) 46分14秒
    周回コースまでの500m:2分47秒(5分34秒/km)
    1周目:18分37秒(5分19秒/km)
    2周目:18分26秒(5分16秒/km)
    周回コースからの500m+西部公園トリムコース400m×2:6分43秒(5分10秒/km)


◇◆◇ 2月の累計走行距離 163.6km ◇◆◇
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ