2017/11/21

"イベント"と"日常" "地域の活性化" "まちづくり"に思う  トレーニング日誌

昨日やってしまった"腰"
今日も痛みが続きます…

特にツライのはボンゴ君の乗り降りと"無敵"の脱ぎ着の時

そんな中でも仕事は待ってくれません
午前はノルディックウォークに夜はダンベル体操

なんとか(ひきつり)笑顔で終えました

さて、先日の"伊勢崎○○塾"の早朝会議に参加した旨の記事
(http://green.ap.teacup.com/training/2535.html)

これに対しFacebookで
『「街を元気にする」とか「地域を活性化する」って、そもそもどういうことなのか?
 「人口が増えればいい?」「自治体の歳入が増えればいい?」
 「住民が住みやすい、生活しやすいと思えばいい?」
 どれも、しっくりせず、堂々巡りしている』
とのコメントいただきました

クリックすると元のサイズで表示しますそんな折、日曜日の上毛新聞にこんな記事が

遠い昔(?)、サイクルツアー応援隊でお世話になった群馬大学、西園教授の「主張」

当時から、赤城山でヒルクライムを!
と、働きかけていたのを覚えています

そして見事に実現、実行委員も務めています

その西園さんによる、チョッと手厳しい指摘
「イベントはある程度定着いてきたが、市民の自転車利用や関心は低いのが現状」

さらには「自転車の"まち"と呼ぶにはおこがましい」とまでっ!

いやね
決してイベントを実施することを批判しているわけではないのですョ
たぶん西園先生も、ボクも

ちなみにこれは自転車に限ったことではない気がするんですね

いわゆる「"まち"づくり」、そして「地域活性化」と称して様々な取り組みが行われていますね

伊勢崎西部スポーツクラブもイベントを行う際には
その目的に「スポーツの見える"まち"づくり」や
「スポーツで元気な"まち"づくり」で地域の活力向上に寄与
みたいなこと書いてます…

ではそもそもの疑問
なにを以て「"まち"を元気にする」「地域を活性化する」というのか?

現時点において
ボクが思うところを書き留めておきます

「元気のある"まち"」、「活力のある"まち"」って
その地域に住む方々が自らの"まち"に愛着を持ち
例え人口が減ろうが、経済が右肩下がりで歳入が減ろうが…
自らのアタマで考え、自らのカラダで行動し
時には地域のしがらみの中でチカラを併せ
その時々の状況の中でも無駄に慌てず騒がず
持続的に淡々と日常を過ごすことができる
そんな"まち"なのではないかと思うのです

そんな行動のできる強い意志を持った人を増やすことが
「"まち"を元気にする」「地域を活性化する」ことだと思うのです

日常をベースとして、イベントがある
基本的な生活をベースに、消費がある
ってことだと思うのです

繰り返しますが…
決してイベントを否定しているわけではありません
日常を変えることは"しんどい"ことです

例えば、西園さんの記事にもある「車依存証」
なかなか変わらない!

でも、「車依存」よりも「自転車利用」のほうがより良い「日常」と信ずるなれば
強い意思を以て、自ら実践し
共感する人を増やしてゆことだと思うのです

なので自転車イベントを利用して
少しでも「自転車利用」に目を向けさせることはアリだと思うのです

そのためにも、イベントを通して
日常の変化を訴え続ける必要があると思うのです

イベントを通して
行動を変える人を増やす仕掛けをする必要があると思うのです

ボクは今の自らの得意分野(?)を活かして
日常を淡々と過ごすことのできる強い意思を持った人々を増やしてゆきたいと考えています

って、言ってながら…
淡々と日常を過ごすには腰が痛すぎます… (苦笑)


【もっと気軽にEnjoy Sports !】
 ・特定非営利活動法人伊勢崎西部スポーツクラブ
  (火曜日〜土曜日、小学生〜高齢者まで活動中!)
  詳細 ⇒ http://wind.ap.teacup.com/seibusports/


【速く走るから上手く走るへ】
 ・ランニング足袋"無敵"取扱い
 ・ヒューマンランニングセミナー開催中
  詳細 ⇒ https://www.facebook.com/FactSports-431406443888316/


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ