2005/10/28

日本選手権カヌー  カヌー大会参戦記

今シーズン締めくくりのレース。納得の結果に、ホッ!
今回は勝負よりも、国体惨敗後に取組んだフォーム改善を実践で試すことに集中する心構えで現地入り。
でも実際エントリー表を見ると、彼にも勝ちたい・・・彼にも・・・彼にも・・・
「いかん、いかん、フォーム改善に集中!」
コースは瀞場は長いものの、オイラの好きなザラ瀬有り、大波あり、コーナー有りと案外楽しそう!
コース取りは大きく分けて二通り。
スタートはザラ瀬で始まり、やや大波のコーナーを過ぎて数100mの瀞場、ここから直線的に攻めて、僅かな岩の間をすり抜ける右コースと、流れは速いけどテクニカルなコーナーがある左コースに分かれます。合流してからフラットな流れを数10m後、コース中1番大きな落ち込みを通過してゴール、の約1200m(たぶんその位)。
オイラの作戦は右コース。そのほうが、前半の瀞場を集中して漕げます。あとは流れに任せて漕ぎきるのみ!
いよいよ、スタート。腰を回転するのではなく、前後に引きパドリングのストロークを長く艇の下を漕ぐイメージで・・・
ピッチを上げたい気持を抑え、流れに合わせて1パドルを長く=艇を進めている時間を長く!
ラストスパート、ピッチよりも、キャッチ!キャッチ!キャッチ!
最後の落ち込みに思いっきりつっこんでゴール!
結果は、8位。
11年振りの日本選手権トップ10入りでした。
ちょっと出来すぎ?
今年6月以降のトレーニング、細かいテクニックは間違っていたものの、トレーニング方法自体は間違っていなかったようです。
さあ、これで気分良くマラソンシーズンにシフトできます!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ