2019/2/19

まちに新たな"繋がり"を 〜いよいよ始まる!? ボランティアポイント〜  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します


久し振りの雨なココ伊勢崎です
腰痛、今朝は大分楽でした

午後は掃除機も掛けられるほどに回復〜♪


さて本題

昨夜はNPO法人いせさきNPO協議会社会貢献ネット主催
月イチ『遠山親水舎』
3回に渡り、話し合ってきた"ボランティアポイント"の仕組み
いよいよスタートに向けて最終段階にッ!?


まずは名称、様々なコトバを出し合って…
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
『つながる i カード』に決定!


この仕組みのことを改めて書きますね

実はこの仕組み
とある団体が実施していた仕組みを
もっと複数の団体で共有できないか?
ということから始まりました

そもそもその団体では
お手伝いしていただいた方に"切符"を差し上げ
その"切符"がその団体の提供するサービスの対価として利用できるというもの


伊勢崎西部スポーツクラブでも
イベント開催時等、多くのスタッフにお手伝いいただきます
そのほとんどが数百円の交通費程度
何時間も拘束するのに…


非常に心苦しい…


もしこの"切符"が
他の団体のサービスに使えたり
または共感いただいた企業さまのサービスに使えたり…
そんなことができたなら
お手伝いいただく側としても
少し気が楽になります

また、ボランティアする側にとっても
チョッと楽しみが増すのでは?


しかも
どの団体が"切符"を発行しているのか?
どこで"切符"を還元できるのか?

QRコードでアクセスすれば
一目でわかるようにすることで

まさに"いせさきNPO協議会"が目指していた
そして、『遠山親水舎』の目的でもある
"横の繋がり"ができる!

ボランティア、市民活動を通して
"まち"の人々に新たな"繋がり"ができる!

そう確信して検討してきました


ただ…
恐らくはどこの市民活動団体もそうだと思うのですが…
自らの活動でイッパイイッパイ!
なかなか前に進めず流れる月日

このままではズルズルと先延ばしになってしまう…
これは「必ずやるッ!」と決めなければッ!
そう思い、昨年12月の『遠山親水舎』にて皆さんの意見を伺うことに

そこで出たアイディアを基に
"切符"から"ポイントカード"へと変わり

発行する団体の条件等が決まり

さらには昨夜、名称とともに発行までの"スケジュール"が決定!


今後、カードを発行する(ポイントを付与する)団体
ポイントを還元できる団体、お店、企業等を募り
(同じ団体で付与と還元を兼ねることも可能)
5月21日(火)に各団体にカードを配布できるよう、作業に掛かります


簡単に図式化するとこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

まずは始めてみること!
そのうえで、より良く修正して行けばいい!

まさに皆で進化する仕組みッ!?

ご賛同いただける方
是非ともお気軽にお声掛けくださいませ〜♪



本日のアクティビティ
 ・らくらく筋トレクラブ(伊勢崎西部SC)
   ダンベル体操 各15回
   自重スクワット 



Suppored by "herbalife24"




【伊勢崎西部スポーツクラブ 事務局員募集中!】
 ・https://wind.ap.teacup.com/seibusports/890.html


【複合施設体育館新設プロジェクト、メンバー募集中!】
 ・https://green.ap.teacup.com/training/2984.html



【ヒューマンランニングミーティング 3月の会@ (3/3(日))】
 ・詳細はコチラから


【第9回 伊勢崎エコマラニック (4/14(日))】
 ・https://wind.ap.teacup.com/seibusports/888.html
 ※エントリー受付中!



☆★☆ もっと気軽にEnjoy Sports ! ☆★☆
 ・特定非営利活動法人伊勢崎西部スポーツクラブ
  (火曜日〜土曜日、小学生〜高齢者まで活動中!)
  詳細 ⇒ http://wind.ap.teacup.com/seibusports/


☆★☆ 速く走るから上手く走るへ ☆★☆
 ・感Run舎(かんらんしゃ)
   ランニング足袋"無敵"取扱い 
   ヒューマンランニング・ミーティング開催中
  詳細 ⇒ https://www.facebook.com/FactSports-431406443888316/
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ