2006/11/21

ステアリング交換  自転車(サイクリング)

“ひらりん@夫人”のシラスのステアリング交換。
手首を痛めて、外側に倒すのが辛いとのこと。
だいぶ自転車にも慣れてきたようなので、思い切ってバーを切断、さらにバーエンドを取り付ける。
クリックすると元のサイズで表示します
こうすることで、両手の間隔が狭まり、バーを握った時の手首の角度が軽減される。
さらに、バーエンドを握ることで全く手首痛への支障はなくなる。

交換前はこんな感じ。無駄に広いような…
このグリップは、レンチひとつで簡単外すことが出来、感動! 再利用もできる!
クリックすると元のサイズで表示します


バーエンドの中心が400mmになるように、バーを切断。
クリックすると元のサイズで表示します


さすがにシラスのロゴ入り純正バーを切断する勇気はなく、ウチに余っていたバーを切断。
純正と比較するとこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

で、近距離をテスト走行。
本人曰く、「いい感じ」
「でも、このバーエンド何に使うの?」
オイオイ、そこ握ったほうが楽だろう…?!
コントロールレバーが左右詰った関係で、多少アウターワイヤーがあまり気味。
丁度、伸びてきた頃だし近々ワイヤーを調整予定。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ