2007/5/20

2007年関東ブロック大会  カヌー大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示します今年9月、秋田県で開催される国民体育大会の関東ブロック大会、1都7県の代表が関東の代表枠(男子5名、女子4名)を賭け凌ぎを削る。
(写真はスラローム競技の模様、見事ブロック通過の群馬県代表:中J選手)
オイラはワイルドウォーターに出場。
例年最高齢の埼玉県代表笹G選手が、今大会はスラロームでエントリーのため、気が付けばオイラが最年長選手・・・
今年は各県若手が台頭。誰が落ちるか微妙な状況。
昨日の雨により、午前中ある程度あった水量も午後から減り出す。さらに向い風が強くなる。
ノンストップトレーニング(直前公式練習)は5分30秒。
この条件では、5分15秒を目標ラインに設定。
が、本番前、さらに風速が強まり、時折突風が吹き荒れる状況になる。
普通の向い風では身体が小さく、パドルの角度が大きいオイラにとってはアドバンテージだが、ここまで突風吹き荒れる条件では?
しかも、スタート直前、さらなる向い風突風が吹き荒れる。
でも皆条件は一緒、とにかく持てる力を出し切る。
結果は5分25秒。2秒差で本線出場を逃す。
まァ、オイラのようなのが国体に出られてしまうこと自体が本来ならば“?”
そろそろ国体出場は潮時かな?
出場権を得た都県の皆さん、おめでとうございます。
さァ、これから関東のレベルアップを図りますよォ〜!
7月14日(土)〜16日(祝)、長瀞にてワイルド関東合宿を行います。
関東全体のレベルアップもさることながら、群馬も何とか若手を育てなければ!


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ