2014/8/24

ちょっと嬉しい 天竜川カヌー大会  カヌー大会参戦記

昨年に引き続き全日本天竜川カヌー競技大会に参加

第一線はとうに退いた身
でも昨年の結果が予想以上に不本意と言うか…
オーバーペースであっぷあっぷ…
もっと最後まで楽に下りたい!って思いで
今年は少し準備を入念に

パドルも平パからウィングに変えて初めての渓流カヌー大会
それとなく嫌な予感はしてましたが… まさかの1番発艇
クリックすると元のサイズで表示します
1分間隔のスタートで13kmの長丁場
前には誰もいない訳で…
全盛期の時は、ニンジンが居ないことでのペースダウンを不安視してたものの
今回は誰も居ない川に、先頭を切って行く不安に… 何かあったらどうしようって…
そんな不安を抱えながらスタート
でも逆に前に誰もいないことで、自分のペースを淡々と刻めます
ひとり朝パドの成果かな…?
ほぼ中間点で後漕の選手に抜かれ、淋しさ少し解消
オーバーペースにならなかったので、最後まで気持ちよく漕ぎきることができました

結果は過去最高順位タイ
しかも総合順位で他のカテゴリーに負けることない4位
(リザルトはこちらから ← その日のうちに掲載 はやッ!)
今の立ち位置でのこの結果
正直ちょっと嬉しい…

故障、怪我、年齢等により、これ以上の結果は今後望めないとは思います
でもそれなりに来年も準備して楽しみたい

この大会の魅力…
波の高い長丁場の瀬もさることながら
なんと言っても主催者の「おもてなし」

ゴール後にはお昼のカレーにかき氷
今日は珍しいとまとシロップをいただきました
そして地元特産のフルーツの数々
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

入賞者、特別賞としても、地元の商品が配られます
町をあげてのおもてなしに感激!

さて、とりあえず今シーズンの渓流カヌー大会は終了かな
ってことで朝パドも来春までお休み
次は冬の千葉県知事杯
また秋から週末漕ぎ出しますか…
0

2014/1/12

ウィングパドル、リ・デビュー  カヌー大会参戦記

新春恒例「千葉県知事杯クラブ対抗カヌー大会」にクラブで参加
個人的には、95年春以来約18年半振りのウィングパドル、リ・デビュー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します久し振りの道具変更の不安から、練習した甲斐あり?

距離約5.5km 総合50位 33分47秒

種目別順位は昨年よりも下がったものの、総合順位はアップ
(参加する人が一定でないのですが…?)
タイムもアップ
(これも毎回ピッタリ同じとはとは限らないのですが…?)

いい感じで漕ぎきれました!
漕ぎ切るっていうより
リズムを刻むだけで、自然と進む感じ

まだまだイケる?
この春、県予参加してみますかね?

いやいや、とりあえず当面の目標は
今春5月の関東長瀞渓流カヌー大会でしょッ!


0

2013/8/25

7年振りの天竜川カヌー大会  カヌー大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示します7年振りに全日本天竜川カヌー競技大会に参加しました

今回は、ひとりではなくクラブの仲間とともに…
昨年「ワイルドやりたい!」と表明した方のサポートで数年ぶりに再び乗りだしたワイルド

そんな感じなので、成績はあまり期待できるものではなく…
天竜川のうねりを安全に楽しく下りましょう

1分間隔のスタート
ボクの前は、久し振りに会った、元(いや…現?)東京都代表、当時全国名屈指の選手だったボクより年上の武Hさん
いい具合で前方にチラつき、前半飛ばし過ぎました

しかも、瀬を乗越える毎に、腰の辺りが冷んやり…
艇に水が入ってきます
(ゴール後確認したら、スプレースカートに穴が開いてました…)

そんなんで、もう後半はヘロヘロ〜
唯一の救い(?)は、ボクの1分後にスタートした、女子K1全国トップクラスを維持するS尾さんにギリギリ抜かれなかったこと
激遅ながら、それなりに漕げたたのは朝トレの成果かな?

参加者、スタッフの方々とも、久し振りにお会いできて嬉しかったです
国内トップクラスからビギナー、大ベテランまでもが一堂に会する稀な大会
来年もより多くのクラブの仲間とともに参加したいと思いました

今回は、生まれたてのチームとして貴重な一歩を踏み出せたのでしょう
この一歩が、後に大きな一歩であったと思えるよう、クラブの発展を願い、全力でサポートしたいと心に誓った一日となりました


0

2013/1/13

千葉県知事杯クラブ対抗カヌー大会  カヌー大会参戦記

久し振りに、 新春恒例(名物?)「千葉県知事杯クラブ対抗カヌー大会」に参加
以前参加した時には、まだ松戸市長杯だったよな…?
遠い昔に所属していたクラブで参加して、種目別で連覇を果した思い入れのある大会です
今回は自らが立ち上げた「ラブリバーカヌークラブ」として、初めての大会参加です
この大会の参加規定として、“5人以上で日常活動している常設クラブ”とありますが、ようやくこの規定に沿い、参加することが叶いました!
今回参加した5名の雄姿です!?
クリックすると元のサイズで表示します

寒い!っていう印象が強い大会ですが、今日は風も無くポカポカ陽気、絶好のカヌー日和でした
こんな時期にも関わらず(?)、350艇を超える様々な形状のカヌー、カヤックが集合、一斉スタートを切る瞬間は圧巻!
艇の形状、性別によるカテゴリー上位のポイントで、クラブ順位を競います
当クラブの獲得したポイントは2名で4点。まだまだ入賞には遠く及びませんが、まずは記念すべき貴重な一歩を踏み出すことができました!
ちなみに個人成績は、総合71位、34分41秒、種目別順位4艇中2位でした
0

2010/9/26

15年振り  カヌー大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示しますWSN主催御岳ホワイトウォーターシリーズ第3戦に参加しました
思えば、遠い昔に参加したことがあるような…

だいいちゲートくぐるなんて…
記憶を辿ってみると、恐らく1995年の新潟五十嵐川で行われたコシヒカリ杯以来
ってことは15年振り…

そもそもなんでスラロームかって?
昨年、ショートボートの中古を入手
それが結構回転性が良くて面白い!

今年度、クラブのスタッフで乗っている内に案外できそうな気がして
しかも午前中のフリー練習、40代の部まであります
(結局はそういう部門はなく、−5秒のおまけが付いているだけでしたが…)

とにかく、どれだけ出来るかやってみました
結果、案外できるじゃん!
もっとも、体力&技術的にタイムは狙えません…
不通過しないように無難に漕いだだけ
でも、楽しかったっス
久々に会ったみんなには、幽霊でも見るような目で見られましたが…

結果は抜きにして、また参加したいと思います
トップアスリートの漕ぎも間近に見れるしね
感心するのみで真似できないけど…


0

2007/5/20

2007年関東ブロック大会  カヌー大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示します今年9月、秋田県で開催される国民体育大会の関東ブロック大会、1都7県の代表が関東の代表枠(男子5名、女子4名)を賭け凌ぎを削る。
(写真はスラローム競技の模様、見事ブロック通過の群馬県代表:中J選手)
オイラはワイルドウォーターに出場。
例年最高齢の埼玉県代表笹G選手が、今大会はスラロームでエントリーのため、気が付けばオイラが最年長選手・・・
今年は各県若手が台頭。誰が落ちるか微妙な状況。
昨日の雨により、午前中ある程度あった水量も午後から減り出す。さらに向い風が強くなる。
ノンストップトレーニング(直前公式練習)は5分30秒。
この条件では、5分15秒を目標ラインに設定。
が、本番前、さらに風速が強まり、時折突風が吹き荒れる状況になる。
普通の向い風では身体が小さく、パドルの角度が大きいオイラにとってはアドバンテージだが、ここまで突風吹き荒れる条件では?
しかも、スタート直前、さらなる向い風突風が吹き荒れる。
でも皆条件は一緒、とにかく持てる力を出し切る。
結果は5分25秒。2秒差で本線出場を逃す。
まァ、オイラのようなのが国体に出られてしまうこと自体が本来ならば“?”
そろそろ国体出場は潮時かな?
出場権を得た都県の皆さん、おめでとうございます。
さァ、これから関東のレベルアップを図りますよォ〜!
7月14日(土)〜16日(祝)、長瀞にてワイルド関東合宿を行います。
関東全体のレベルアップもさることながら、群馬も何とか若手を育てなければ!


0

2007/4/22


国体群馬県代表選考記録会。
伊勢崎西部スポーツクラブのラブリバー・JCの皆さんと、他クラブとの交流を図る目的で前橋シティマラソンに参加。
折角なのでハーフを走った後、みなかみに向かう。
みなかみは、今まさに桜が満開(散り始め?)!
来週のNHK杯スラローム選手権のゲート準備の後、記録会。
今年もワイルドウォーターは、もうすぐ40歳のオイラが県代表となる。
群馬の皆さ〜ん! 国体出るチャンスですよ〜!
カヌー、始めてみませんかぁ〜!
0

2006/10/27

日本選手権大会  カヌー大会参戦記

今シーズンの最終戦、日本ワイルドウォーター選手権大会。
会場は昨年同様、愛知県豊田市の矢作川。
水量は昨年より少なめ、距離は昨年より延長。
距離が長くなったことで、大波は少ないが全体的に流れのあるコースとなる。
国体終了後、週末に仕事が重なり流れの中でのトレーニング、スピード系トレーニングができていない状況が不安材料。
前半の流れの強い所は、流れに任せてスタンダードなラインをしっかりとキャッチして切り抜け、後半の大波は無いがだらだらと流れている所に勝負をかける作戦でスタート!
前半は心地良く切り抜けるが、後半、ここからというトコで身体が動かない…
やはり、ここ2週間のトレーニング不足が響いている…
だらだら流れのため、引きが重く、パワー不足のめに思うように引ききれない…
早く引くことよりも、しっかりキャッチすることを心掛けなんとか乗り切り、最後の瀞場でラストパート!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
久々にどっと疲れたしんどいレース、課題は多いが、その分収穫も多いレースとなる。
結果は、順位も他の選手と比較したタイムも思ったほど悪くはなく9位。
なんとか2年連続でベスト10に入る。
今年は若手のエントリーが増えたのが印象的、彼等が成長したらオイラは…?
来年以降、ベスト10は厳しそう…
嬉しいことではあるのだが…

0

2006/10/9

スプリント決勝  カヌー大会参戦記

国体カヌー競技最終日。
ダッシュ力の無いオイラの苦手なスプリント決勝。
練習なし、約300mを2本下った合計タイムで順位を争う。
1本目の最後の大波で大きく右に振られる。もはや脳も酸欠状態で思考能力低下、暫く静止状態が続く。
やっちゃったぁ! 実は、この大波の一つ前の瀬まではシュミレーションはしていたものの、この瀬をクリアすればあとは自然とゴールに向かうとたかをくくっていた。
大きなミスの割には1本目17位。
2本目は理想のラインで15位まで順位を上げる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
これで、オイラの国体は無事終了。
応援してくださった皆さん、本当に有難うございました。
0

2006/10/8

鳥取砂丘  カヌー大会参戦記

やっと天気は快方に向かう。
昨夜修理した艇の左側は一晩で硬化、朝修理した右側も昼過ぎには硬化。

天気も良いので、リフレッシュを兼ねて午前中はMTBで周辺観光。

クリックすると元のサイズで表示します
会場の上流ダムの放水口、毎秒13tを放水。

午後はカヌー会場からクルマで1時間30分ほどの鳥取砂丘を観光。
せっかくの砂丘、鳥取出身の師匠、群大山西教授から以前聞いていた“砂丘ラン”を敢行!
クリックすると元のサイズで表示します
裸足で砂丘の中を約30分、めっちゃ気持ちいい〜!
ちょっと窪んだ場所に入ると三方砂の壁、そのスケールの大きさを肌身で感じる。
でも、本番前にはちょっとハードだったかな?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ