ページ画面は趣味全開、内容は相変わらず…それが蛇口クォリティw

2008/6/22  9:08

高い低確率  パチンコ風雲録

6月21日() 10:30AM 東京都港区芝浦

夜勤明けである。
この夜勤が終わって連休に突入する私は、同僚の方と田町駅に向かっていた。
信号を突き抜け直線コースでJR田町駅が見える頃、突然ソレは訪れた。

同僚:「N嶋さん、チョット様子見ていきましょう」
N嶋:「いいっすよ」

大抵、様子見と言うのは様子見ではない事が多い。今回も多聞に漏れず様子見ではなかった。

ただ、些か進むベクトルが違ってはいたが…


芝浦エイト

世間一般ではボーナスのこの時期にパチンコを打つのは結構怖い。出玉の無さもさることながら、余裕で3万単位を消費してしまう財布のヒモのゆるさがあるからだ。

…ナニ?私の財布のヒモと脳みそは常時ユルみっぱなしじゃねェかって!?

巨大なお世話だw

CRA新世紀エヴァンゲリオン プレミアムモデル
様子見でミドルスペックはご法度である。高確率で出やしない。芝浦GOLDONで例外はあったが…
今回は大当りの確率とプレミアム演出の出現度を考慮してコレを打つ。…というか、この機種で未だ負けがないからというのは内緒だw

口火を切る当たりを引いたのは私だった。2,000円で7R確変ワンセットを出す。
すると同僚の台で革命的異変が勃発した。

まぁ、なんて事はない5分ミッションで「6図柄」を出せだったのだが、何回転かしたら突如5-6のWテンパイ…
「完遂」
同僚は相当驚いていたが、コンプリートは結構ある。問題なのはその次だった。
再抽選で確変なのはまぁいい。台左のランプが2個点灯しているんですよ…
えぇ、15R確定です。朝一からw
いきなり1箱コースのスタートで気分を良くした同僚は立て続けに当たりを引き2箱一杯まで出玉を伸ばした。

今思うに、これが始まりだったのかもしれない…

私は初めのワンセットを飲ませて更に3,000円を投資。
137回転目で確変を引く。
それが今回のその時であった。
この確変が7Rではあったが10連チャンまで連続。2箱一杯で同僚に追いつき始める。ここからは双方とも大当たり確率のペースで当たりを引く展開。

しかし同僚の当たりのペースが落ち始めた。単発→単発→ワンセット→単発…と連チャンしない。非常に緩やかなペースで出玉が減り始めていた。

ところが2人の台に神が降臨する。同僚が2度目の15Rを引くとあっという間に4箱に迫る。私も15Rを引くと2度目の大爆発で6箱を数えた。そこからが怒涛のラッシュだった。

背景予告で渚カヲルを初めて引くと、とうとう出ました!!
シンジママ
碇ユイたん御降臨!!一瞬なんで写真に収めていませんw

そして全回転で2度目の15Rを引き、気が付けば15時を回っていたw

同僚は28回の当たりで4箱一杯、私は40回の当たりで久々の9箱一杯は15,000発オーバー!!

恐ろしい勝ちっぷりで芝浦を後にした。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ