ページ画面は趣味全開、内容は相変わらず…それが蛇口クォリティw

2007/9/26  17:08

10KHits記念東北遠征紀A  旅行日記

9月25日(火) 10:35AM 岩手県西磐井郡平泉町平泉字泉屋

平泉駅

12世紀に栄えた奥州藤原氏と、牛若丸こと源義経と弁慶の終焉の地…
前回は平家終焉の地「壇の浦」だったが、今回は源氏の若武者、義経の終焉の地「平泉」を訪れた。

源義経
清和源氏の流れを汲む河内源氏の棟梁である源義朝の九男として生まれ、牛若丸(うしわかまる)と名付けられる。仮名(けみょう)は九郎。母は常盤御前。


○無光量院跡
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
義経を匿った、平泉の藤原秀衡が建立したと伝えられている。今は何もなく、中島の跡と杭が立っていた。

藤原秀衡は、義経の追討によって関東以西を制覇した頼朝の勢力が奥州に及ぶことを警戒し、義経を将軍に立てて鎌倉に対抗しようとしたが、文治3年(1187年)10月29日に没した。

○高館・義経堂跡
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
中尊寺東方の高館には、藤原秀衡を頼って落ちのびた義経の館があった。

頼朝は秀衡の死を受けて後を継いだ藤原泰衡に圧力をかけた。義経や泰衡の動向を窺うため、奥州に使者を遣わしてきたのだ。
これに対しとうとう泰衡は源義経の居館高館に攻め込む。弁慶は、持仏堂に籠もる義経を守るため全身矢だらけになり戦い、最後に長刀を突き立て、仁王立ちになりそのまま息絶えた。31才の義経は、衣川の持仏堂で守刀で自害した。

○北上川
クリックすると元のサイズで表示します
「夏草や 兵どもが 夢の跡 (松尾芭蕉)」

頼朝は義経をかくまった罪があるとして、奥州征伐に大軍を率いて鎌倉を発った。泰衡は頼朝が到着する前に居館に火を放って北へ逃れたが、元の郎従河田次郎に攻め殺され、奥州藤原氏も滅亡した。

○中尊寺
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
写真上が中尊寺本堂、下が弁慶堂

850年(嘉祥3)に慈覚大師によって開かれた、天台宗の東北大本山。金色堂は藤原氏四代の廟所である。


そして…
岩手に来て素通りできない場所に足を進める。


同日 13:40 奥州市前沢区

前沢駅

名前でわかると思うが、ここはかの有名なブランド牛…

前沢牛

の町である。
平泉の駅で駅の看板を見なければ、完全に東京直行コースをとっていたに違いない。

さぁ!!前沢牛を食ってやるぞぉぉ!!
…と喜び勇んで駅を降りたものの、メインストリートがかなり寂れている町並みだった。勿論、前沢牛のまの字ない…少々歩いてみても何もない。コンビニすらない。あるのはバス停だけ…
丁度一関行きバスがきたので、そのバスに乗って一ノ関駅まで戻り、新幹線で東京まで帰ってきました。


後日談…

前沢商工会のHPで地図を確認したら、私は何もない方向を選んで歩いていたという事が判明。4方向のうち、3方向はアタリだったのだが、何故か
ブラインドサイドを歩いてしまっていたのだった…

でも悔しいから駅弁は前沢牛にしたけどねw

クリックすると元のサイズで表示します


おしまい


2007/9/26  14:38

10KHits記念東北遠征紀@  旅行日記

今回の遠征紀はパチでの旅ではありません。そこのところを踏まえて閲覧してくださいませ。


9月24日(月祝) 8:20AM 東京都千代田区丸の内

東京駅

賽は投げられた!!
前日までに仙台行きを決意したが急に行き先を変更した。
何故か…?
それは遥か古代の30数年前に生を受けた「リビングレジェンド」鼻黒妖精師匠の予言を思い出したからだ。

鼻黒師匠:「東北に行けば…(中略)…(後略)。」

そして私は仙台から岩手県南、一ノ関に遠征することとした。


同日 12:00 岩手県一関市駅前67番地

一ノ関駅

前人未到の地と言われるこの地は、「イーハトーヴ」の神話が眠る古代神々の聖地でもある。
我々、西川口浩(脳内)探検隊はこの神が住まう地を探検することに決めた。
西川口浩はバスの案内所で情報を収集していたが、案内板を見た瞬間大声をあげた。

西川口浩(脳内):「あれはなんだ!?」

それは、幻の都市と言われた地名を西川口浩が見つけたからだ。

クリックすると元のサイズで表示します
注)事前に調査はしてありますww

しかし、乗合バスは1日2本しかなく、冬場は運休。バスの運ちゃんに聞いたところ、そこは山奥で、山菜取りに利用する人がいるかいないかと言うかなりローカルな場所らしい。自殺志願者と間違われる可能性もでてきたので、これ以上の調査を諦めるしかなかった。


同日 14:30 一関市大町

結局、余った時間をパチンコして過ごしたわけだが、今回のお店は…

パチンコナイス

12000円使って9000円戻りのマイナス3000円で4時間を過ごした。今回はパチの旅ではないので勝ち負けは関係ない。


同日 19:30 一関市三関字桜町

@ビジネスホテル一関

この日はこれで終了。明日は更に北上していく。


次回へ続く…


2006/8/18  1:44

バイク巡業の旅A  旅行日記

8月14日 (月) 9:00AM 滋賀県彦根市

ビジネスホテルを出発した我々は、次の目的地を模索し始めた。当初、金沢に向かう予定だったのだが、日程的に厳しいと判断し日本海を目指すコースを諦めた。
まぁ…
・彦根から近くて
・東京にも近くて
・涼しくて温泉のある場所

なんて都合のいい場所…

ある!!

昨日買った地図を持ち出し位置を確認する。六文銭の家紋で有名な真田幸村の居城「上田城」のすぐ近く。信州長野の高原で夏は涼しくすごしやすい。ラグビー野郎共の信仰と恐怖の交錯するフィールド…

長野県菅平高原


同日 15:00 長野県小県郡青木村

温泉に入れるのならば、高速道路をぶっ飛ばし、山道さえも平地の感覚で駆け上がる…朋友Y山の根性はすごいとつくづく感心する。後ろに乗っている私は確かにジェットコースター気分を味わってはいたが、一度も不安になったことはない。それぐらいY山の運転は卓越していた。

Y山の愛車ドービルには高速走行でも聞こえるほど高性能スピーカーが搭載され、いつでも音楽を楽しむことができるのだが、信号待ちで流れた曲が

きよしのズンドコ節

というのは、ハイセンスである。交差点を渡る人達の注目の的だが、当のY山はノリノリだから

この男、恐るべし!!

そしてとある共同浴場に到着した。共同浴場といっても立派な温泉である。

田沢温泉

温泉に詳しくないので名前だけではピンとこない。どうやらかなり古くからの湯治場みたいだ。

有乳湯(「うちゆ」と読む)

その昔、山姥がここに湯治に来て坂田金時(金太郎)を生んだという伝説があり、それが「子持ちの湯」「有乳湯」として現在に伝えられ、この共同浴場の名前にも受け継がれた…らしぃw


同日 17:00 長野県小県郡真田町

菅平高原

15年ぶりに足を踏み入れた。当時高校のラグビー部員だった私は、

二度と来るもんか!!

と本気で思ったものだが、今は昔の物語…

菅平国際ホテル ベルニナ

とても国際ホテルとは思えない合宿用ホテルについた。しかし、ここには明治大学ラグビー部が宿泊しているらしい。フォワードの先発隊が来ている…とオーナーは言う。丁度ミーティングをやっていた。多分スタメン級ではないなと思った。
…が、こいつらの体は

ハンパ
じゃねぇ!!


私の3倍はある。全部が…w

漢臭漂う空間を離れて部屋に入る。3人部屋を2人で使用し、1人頭6500円は格安だw
テレビのニュースを見る。高速道路のPAで情報だけは知っていたのだが、東京では朝から大停電で混乱の渦だったらしい。通勤時間帯だったので混乱はさらに度合いを深めたと報じていた。まぁ、今の我々には関係ないが…


8月15日 (火) 9:00AM 菅平国際ホテル ベルニナ

朝の練習もテストマッチも見ることなく菅平高原を出発する。


同日 11:00AM 群馬県吾妻郡長野原町

標高1200M、北軽井沢の一角にとある牧場があった。

浅間牧場

子供たちがウサギを抱いている微笑ましい風景に、いくらネタ撮りとはいえムサい男たちが入るのは気が引ける。撮影場所を探すべく歩いていると、放し飼いのコーナーにそいつはいやがった…

       クリックすると元のサイズで表示します

なんと、
カメラ目線で不敵に笑う

山羊である。

なんて芸人根性旺盛なヤギであろう…

立ち位置
目線
決めポーズ


こんな完璧なヤギは見たことが無い!!
こいつの目標はチョッパーか!?w

お土産売り場でさらに私のハートを貫いたものがあった。

        クリックすると元のサイズで表示します
        雲ひつじ

見つけて3秒でレジに走った。こういう性格の漢に一体誰がしたのだろうか…!?


同日 19:30 東京都江戸川区

それ程厳しい渋滞にハマることなく、帰ってこられました。
次の日の17:00までは爆睡でしたよw



2006/8/16  17:08

バイク巡業の旅@  旅行日記

えー

昨日、バイクでの地方巡業から帰還しました。
かなり疲れました。


8月13日() 18:30 自宅

我が朋友
へっぽこマイスターY山
から電話があった…のは18:00の話だw
着メロなんか気付かないくらいに私は爆睡中であった。

N嶋:「我が眠りを妨げたのは貴様か…勇者殿!?」

Y山:「どーでもいいが北いかねぇか?」

N嶋:「いぐ!!」

ノリツッコミの呪文くらい覚えろよ!!Y山さんよぉ…視聴率とれねぇぞぃw


同日 21:00 Y山家

Y山の話だと車はないらしぃ。
で、バイクに二人乗りで行こう…と、こういうことなのだ。まぁ、ヒマぶっこいていた私にとって、車だろうがバイクだろうが関係は無い。

Y山:「今なぁ、東北に行こうか九州に行こうか迷っているんだがな、どっちがいい?」

N嶋:「むぅ…どっちも魅力的な案だねぇ。」

私としてはどっちでもいいのだが、こっちは連れて行ってもらう身の上、ほぼ決定権はない。それでもY山は聞いてきた。

N嶋:「西だ!!九州に1票!!」

Y山:「OK!!んじゃぁ由布院(大分県)だな。」

Y山お得意の温泉めぐりツアーはこうやって幕を開けたw


8月14日(月) 7:00AM 多賀SA(サービスエリア)

滋賀県は名神高速道路、多賀SA…
ドライバー(ナビゲータ兼務)Y山の疲労度は限界に近かった。幾度となく愛車ドービル(ホンダ650cc)が路肩に引き寄せられていく…迷わずSAに飛び込んでいったのは正解であろう。
何の情報も無くSAに飛び込んだ我々ではあったが、施設の1つにこんなものを発見する。

「レストイン多賀」

私も100km/hのジェットコースターを7時間耐久で乗っていたせいか、肉体・精神は一杯だった。

毎度も言うようだが、私は…

ジェットコースター
飛行機
注射


大嫌いだ。

で、我々は「レストイン多賀」に行ってみる事にした。

そこは簡易宿泊施設だった。予約があれば部屋も借りられるというホテルみたいな所だ。まぁ、この時期は予約が一杯で部屋は借りられなかったが、休憩所の利用ができた。700円程で10時間の休憩が可能。休憩所は雑魚寝しかできない狭さだが、休むというだけなら十分どころかおつりがかえってくる満足感!!
我々は早速休憩モードに入った。多分3分しないうちに爆睡モードに変わっていたにちがいない。

同日 11:00AM 大阪府三島郡

渋滞を避け、高速道路を降りる。ちょうど大阪に入ったところでY山の愛車ドービルにトラブルが発生した。突然エンストしたと思ったらエンジンがかからなくなってしまったのだ。炎天下の県道で走れなくなるのはクリティカルである。幸い電車のガードを発見。そのガード下で休憩を兼ねた修理を始めた。

Y山が修理している間に私はお茶を買おうと自販機を探す。ふと電柱の住所をみると、
「山崎二丁目」
お酒が好きな人ならわかるだろう。ここは「サントリー山崎蒸留所」のある、あの山崎である。残念ながら、バイク乗りにお酒はご法度。お茶のペットボトルで我慢しつつ、1時間後に出発する。


同日 14:00 大阪府高槻市

トイレ休憩の為にコンビニに寄った。Y山がもう一人の朋友
ぽんこつライダーW邊
に電話をしていた。どうもこの先の進行方向をどうするのかを相談していたみたいだ。この時期はただでさえ渋滞につかまる可能性が高い。このまま西に進路をとっても帰ってこられるか保証の限りではない。
結局、これ以上の西方巡礼を諦めて、北に舵をとることになった。


同日 23:30 滋賀県彦根市

京都の太秦(「うずまさ」と読む)、嵐山と通過したものの、映画村や豆腐を堪能することもなく、かなり激しい夕立にあい、結局健康ランドみたいな所に行く。飯を食った後に彦根あたりでビジネスホテルを探すことになる。
速攻で見つかったのは幸いだった。これにて1日目の移動は終了する。




2005/6/6  2:35

旅行けば…  旅行日記

駿河の道に茶の香り…

6/4(日)

静岡県は清水市に行ってきました。場所は清水港です。

6/4 6:40AM 自宅

我が友人であるY君(仮名)のいきなりの電話で今日1日が始まったw

「静岡美味いもの食い倒れツアー決定ですw8:00AMに行くから準備するようにw」

奴のツアーはいつも突然である。私より余程気紛れ指向が高いw
この前は千葉県は三崎漁港のマグロ食い倒れツアーだったw

Y君(仮名)…私の師匠であり、ゲーム仲間であり、プラモデル製作のプロである…通称「へっぽこマイスター(職人)」wちなみに車とバイク(大型)の操縦は上手い。

さて、準備もできてレッツらゴー!!途中で友人W君(仮名)を拾う。

W君(仮名)…その体のデカさは私を超える。酒が好きで私より飲むのは当たり前。車の免許は無いが中型二輪免許を活かし、愛車「エリミネーター(Kawasaki 250cc)」でバイク便のライダーを頑張っている。通称「ぽんこつライダー」w彼のバイクの逸話は凄いモノばかり。もちろん事故も派手で体の半分はサイボーグとの噂が…w

一応、私も名乗っておくかw

N嶋(私だw)…リネージュとギャンブルが大好きで、私からこれらを取り除くと、アニメ漫画しか残らない(注:概ねフィクション)w猫耳娘バカ一代男(?)通称「いんちきギャンブラー」w自称「チラリスト(チラリ原理主義者)w」でチラリズムこそ日本の文化だと強く主張する!!四輪、中型二輪、四級アマチュア無線免許取得。

同日 11:40AM

東名高速と国道1号線をつかって清水港に到着!
早速、美味いという寿司屋さんに入る。「まぐろずくし」とその他のネタを8皿ほど食べる。あまりにも店が狭かったので写真を撮れなかったのが残念である。

しか〜し!!

このまま、ネタなしで東京に帰るのはPMCイズムに反する行為であるw
港に来たら、まずこれをやろうと心に決めたベストショットを見せようw

クリックすると元のサイズで表示します
陸(おか)の暮らしは似合わねェぜw(撮影:W君)

皆の者、赦せ…
これくらいしかネタがないのだw

次回は何とかネタにするから赦してたもれw




AutoPage最新お知らせ