2009/8/22

パワーユニットA  プロオーディオ

 NEVE33605についてNETで調べてゆくうちに、面白い記事を見つけました。ある人(イギリス人?)がロンドンのスタジオでレコーディングを始めようとした時、いつものNEVE卓のイルミネーションが、やけに眩しいのに気がつきました。アシスタントに電球を変えたのか尋ねると、その日は特殊な電源を使っていて、なんとDC37V(!)だったと言う話です。この手の話は私の周りでは聞いた事がありませんが、実際に電源電圧を上げればアンプの最大出力が上がるのは確かで、比較的簡単にチューンアップすることが可能です。(ただし電気回路的には大分ストレスが溜まるので、素子の寿命を縮めている事は間違いありません)そう考えると、私の持っている33605が29Vに電圧アップされていても、納得できます。その後、運よく33605(BA358基板)のマニュアルを手に入れましたが、それによるとこの電源には入出力電圧のオーバーレベルを監視する回路があり、出力電圧がDC30Vを超えるとシャットダウンするようです。と言う事は、29V出力はこの辺を考えた上での設定と思われます。また回路図によると、電圧を抵抗値で調整する為の端子が設定されているので、正規の24Vに戻す事も出来そうです。
 早速33605を開けてみました。写真にある抵抗が電圧調整用のもので、元々は43kΩが付いていましたが、テストしてゆくと12kΩで出力電圧24,8Vに落ち着きました。これでNEVE以外のDC24V駆動アンプにも使う事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
交換した抵抗と、巨大な15000μF/40Vの電解コンデンサー
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ