2009/9/26

API2520  プロオーディオ

 ディスクリート・オペアンプは何種類か持っていますが、ビンテージのAPI2520が手に入りました。現行品(と思われる?)2520は以前ブログで紹介しましたが、今回の物は明らかに古そうで、外見的にも違いが有ります。まず現行品はアウト側が4本足(±V、COMMON、OUT)に対し、ビンテージ品は5番目の足「TRIM」があります。また外寸も写真で見て分かるように厚みが2mm程違い、正面から見て同じように見えますが、実は現行品の方が縦横0,5mm小さいです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 もっと驚くことには、調べてみるとAPI2520には何と7種類(!)あることが分かりました。作られた場所によって違うようですが、私が入手したのは「MELVILLE N.Y.」で、そのほかに「HUNTINGTON N.Y.」「SPRINGFIELD VA.(ラベルが青い)」などが有るようです。早速音を比較してみました。
 お手製のテスト基板に差込み、ボイスで比較してみました。初めに現行品です。さすが音に存在感があり、バランスもやや中域が出っ張って、低域、高域も伸びています。最近A級アンプばかり聞き慣れているので、モノリシックICの音の薄さには幻滅していたのですが、ディスクリートは音がしっかりしていて気持ちが良いです。
 次に「MELVILLE N.Y.」の登場です。第一印象は現行品よりレベルが高いような気がしました。中域から低域にかけてのエネルギー量が多く、大きく聞こえるのはそのせいかもしれません。音は非常に滑らかなのですが、全体のバランスから言うともう少し高域が欲しい感じです。
 しかしこのアンプにノイマンを繋いでジャズヴォーカルを・・・!考えただけでも興奮します!使い勝手から言えば現行品の方がオールラウンドかもしれませんが、使い方を心得ていれば凄いアンプになるに違い有りません!!

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ