2010/6/6

ディスクリートアンプ<未完成>  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 「松下製ディスクリートアンプ」を木製ケースに入れました。<未完成>なのは今のままでは電源部に問題が有り、ファントム電源が使えません。それ以外にも入力部のアッテネーターのガリ(と言うより接触不良!)が酷く、10kΩのPOTと交換したのですが、ディスクリート回路の気難しさからインピーダンス合わせに手間取りました。
取り敢えず、ダイナミックマイクで音出しをしてみます。第1印象ですが、ディスクリート回路の入出力タムラ製トランスと言うことで地味な音を予想したのですが、実際はクリアで高音域に伸びた明るい音でした。タムラ製トランスは一般的に上下ともにレンジは狭いイメージですが、このアンプは高い方が出ています。しかしディスクリート回路の割には低音域が少し弱いかもしれません。EQはスペアナが無いので正確には分かりませんが、ハイブーストが10kHz辺り、ローカットが100Hz辺りでバッサリ切れています。ボーカルで使うには少し低域が足らないかもしれませんが、楽器で使うには良いかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ