2010/7/12

W杯日本、決勝戦進出!?  

 事前の予想以上に盛り上がった南アフリカW杯も、終わってしまいました。日本代表の善戦と本田選手の活躍に沸いた日本ですが、忘れてはいけない「代表」がいます。「西村雄一」日本代表審判。豊富な運動量と正確な判断で予選3試合、決勝トーナメント・オランダ対ブラジル戦を裁きました。その中でも、あのブラジル代表選手に対するレッドカード!もっと特筆すべきは、シュミレーションでイエローカードを出しています!!シュミレーションはファールと紙一重、審判にとっては至極の判断です!
 そんな活躍が認められ、決勝戦の第4審判(選手交代やロスタイムを表示する審判)となりました。主審と副審2人はワンチーム(今回はイングランド組)なので、第5審判(上位審判の控え)も日本人である事を考慮すると、審判ワールドカップでは準優勝になります!
 審判技術が認められたと言う事は、ある意味で日本サッカーが世界に認められたこと。大会終了間際にも関わらず、多くの日本人選手の海外移籍が伝えられます。4年後のブラジル大会で、本当の決勝進出を叶えるのも夢ではないかもしれません!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ