2010/11/30

KRK続報  プロオーディオ

 昨日試聴したのはKRKのKNS6400というタイプで、今日はハイグレードのKNS8400を聞いてみました。外見はほぼ同じように見えますが、重さはこちらの方がやや重いようです。早速音を聞いてみました。
 聴いた瞬間、レンジの広さを感じました!カタログデータ通り、上も下も明らかに6400よりもワイドレンジです。どちらかと言えばCD900STに音は似ていますが、クリアさはオーバーコートを一枚脱いだ感じでしょうか。高音も良く伸びています。ただ低音が伸びた分明瞭度が多少悪くなり、6400では認識できたKICKの音色が聞き分けられなくなりました。ただし全体の雰囲気は、6400と比較すると音像が広がり気味ですが、逆に言えば音楽全体がまとまって聞こえます。
 両者を比較すると6400はミックスのモニタリングをする上でのメリットは有りますが、8400の方は音楽的には聞きやすい気がするので一般向けでしょうか?ただ1点、6k〜7KHzあたりに少しピークを感じたのが気に掛かります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ