2011/4/17

徹底的に・・・  プロオーディオ

 2ch1871を作るうえで、1つだけ不安があります。以前のブログにも書きましたが、時々ゲインスイッチを切り替えていると、信号が断になってしまうことです。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は2段目のAM283のゲインは切り替えませんが、回路構成に問題があるならば改修しなければなりません。半日掛けて1ch1871を分解して、原因を突き止めました。結論は10kΩのボリュームでした!ゲインスイッチを切り替える時、隣のボリュームに振動が伝わったようです。未使用品を使ったのですが、まさか内部で接触不良が・・!!
 とりあえずボリュームを交換してみてから、現象は出ていません。ロット不良品と言うのでしょうか?いろいろあって、飽きる事がありません!

クリックすると元のサイズで表示します

              「おまえが悪い!」
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ