2011/5/22

基本の・・!  プロオーディオ

知り合いから、某高級コンプの電源が入らないと相談を持ちかけられました。故障ならメーカーに修理に出せばよいのですが、メーカー(代理店)から修理不能とのことで返却されたようです。ビンテージ品ならいざ知らず、現行品で数10万円するものなので、修理不能とはアフターケアの悪い代理店です。よく聞くと電源が入らないのではなく、電源を入れるとヒューズが飛んでしまうようです。このままほって置いても使い物にならないので、知人にダメ元を承知させ、持ち帰って中を開けてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 NETで探しましたが、回路図がどうしても手に入りません。しかし内部電源としては、DC±36Vで動いているようで、外付けの電源(トランスBOX)からAC±40Vが供給されています。ヒューズが飛ぶという事はどこかで回路が短絡しているかと思い、電源基盤を見回しましたがさすが高級機、綺麗な立体基板に問題は無さそうです。平滑コンデンサーも取り外してみましたが、問題は有りません。後は半導体のNGですが、そうなるとさすがにお手上げです。
 ところが・・・!よく見ると筐体の背面に付いている電源コネクターのXLR4−32ですが、アースの繋がっている1番ピンの様子がおかしいです!!1番ピンはケーブルで電源基板と、また筐体に直接落ちているのですが・・。なんと引っ張ってみたらケーブルが抜けてしまいました!「イ・モ・ハ・ン」です。そんなことが有るんですね〜。AC±40Vのニュートラルが外れてはヒューズも飛ぶはずです。なんと修理時間30分!さて、何をご馳走してもらおうかな!!
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ