2007/8/27

オシレーター  プロオーディオ

 デジタル機器全盛の昨今、基準レベル(最近はリファレンスレベルと言われています)を気にする人が少なくなったような気がします。気にする以前に、フルビットに収まっていればOKと言う傾向が強いようです。デジタルの場合フルスケール(フルビット)から減算して、-20、-18dBfsを基準にしてダイナミックレンジを決めています。しかしアナログの場合は違います。dBmにしてもdBuにしても絶対レベル(電力)を基準に決めている為、それぞれの機器によりダイナミックレンジが変わってきます。基準入力4dBmで最大入力レベルが24dBmの機器ならば、ダイナミックレンジは20dBありますが、8dBmで入力すると16dBしか有りません。逆に低いレベルで入力するとダイナミックレンジは取れますが、S/N比が悪くなってしまいます。業務用アナログ機器を複数台接続して使用する場合、基準レベル信号(+4dBm又は0dBm/0VU、1kHz)で全ての機器の入出力レベルを調整します。デジタルのシステムにおいても、アナログのアウトボードを使ったり、最近流行のサミングアンプでMIXする場合には重要な問題になってきます。

 古いミキサーのオシレーター部を取り出して、ハンドメイドで信号発生器を作り使ってきましたが、シグナルジェネレーターを購入したのでお役御免になりました。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ