2008/4/15

消費電力  プロオーディオ

 プリアンプの消費電力についてご質問を頂いたので、改めてチェックしてみました。特に「BA283プリアンプ」のようなA級動作アンプは、それ以外の一般的なAB級動作アンプに比べ消費電力が多いものです。手持ちのプリアンプの内でDC24V単電源で動作する物4点(「NEVEタイプ BA283」「TELEFUNKEN V672」「WSW改造」「ディスクリートマイクプリ」)を選び、デジタル表示の電圧、電流計がある安定化電源から電源供給して比較してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上から「NEVEタイプ BA283」「TELEFUNKEN V672」「WSW改造」「ディスクリートマイクプリ」
 
 結果は以下の通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
 定常時の消費電力はA級がAB級に比べ約2倍であることが分かります。しかしA級アンプは電源投入時のラッシュ電流が400mAと大きく、この山を超えないと安定動作しないようです。つまりBA283を動作させるには、最低DC24V/0.4A以上の電源が必要になります。安定化電源のレギュレーター効率も加味して電源トランスの容量を考えると、やはり最低0.5A位が必要であるように思います。ちなみに2chのプリアンプを考えるとDC24V/1A以上が必要になり、市販のビンテージNEVEのレプリカが本体と別電源になっているのは誘導ノイズを嫌う意味もありますが、大きな電源トランスが必要なことにも起因しているようです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ