2008/9/27

10000アクセス達成!!  プロオーディオ

 10000アクセス達成!有り難うございます。1年半ほど前に、趣味のハンドメイドアンプを記録に残そうと始めたブログですが、まさか10000人もの方に見てもらうとは思いもよりませんでした。コメントを頂いた方々ともいろいろ情報交換が出来、ついつい勝手なことを書いてしまいました。これからもどんどん書き込みお願いします!
 ところでプラス接地のディスクリートアンプですが、7石のトランジスタ回路で、NEVEのBA283が6石であることを考えると、ちょっと期待が持てます。早速音出しをしてみたところ、音の厚みはさすがで柔らかさが卓越しています。ただし高音域の延びがいまひとつです。今までのタムラのトランスを用いた国産アンプと同じ傾向なので、今回はトランスを交換することにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
 入力トランスをタムラ製TpAs-2SからJENSEN製JT-MB-Dに交換します。出力トランスはタムラ製TpC-1なのですが、コイルの3次側から最終増幅段にNFB(負帰還)させているので、NFBの無いトランスとは換えられません。手元にNEVE33415用のTF12012(NFB付き)も有るのですが、ちょっと様子を見ようかと思います。ちなみにコンデンサーは、すっかり気に入ってしまったELNA製シルミックUにRECAPしました。音出しが楽しみです!

<追伸>
 音出しをしたところなかなか素晴らしく、BA283シルミックUバージョンと比較しても遜色がありません。音のエネルギーがBA283は中音域に有るのに対し、プラス接地アンプはやや低い音域に芯があるようです。それにしても、電解コンデンサー11個交換して部品代が2500円!シルミックU恐るべし!!
0

2008/9/20

プラス接地!?@  プロオーディオ

 最近ヤフオクでビンテージ(1971年東芝製)のアンプ基板を手に入れました。ちょっと高かったのですが、写真の基板にあった2個のパワートランジスタに気が引かれました。(どこかのビンテージアンプを想像してしまいました)
クリックすると元のサイズで表示します
 回路図も何も情報が無い状態で基板を読んでみました。PNPのゲルマニュームトランジスタで構成されたディスクリート回路は、コンデンサーの耐圧(25V)からみてDC24Vあたりの単電源なのですが、どうも「プラス接地!」のようです。最近では「プラス接地」は死語になっていますが、以前(30年以上前?)はPNPトランジスタ回路では時々お目にかかったことがありました。電子回路だけでは無く、自動車の一部でも「プラス接地」(車のボディー側が<+>)がありました。理由は良く分かりませんが、金属の腐食と関係が有ったような気がします。
 さて「プラス接地」の回路は単純に±を逆にすればよいのですが、今回で言えばDC+24Vをアース側(金属筐体にも落ちています)、DC0Vをホット側につなぎます。普通に考えれば電源の±を逆にするので、間違えると致命的なトラブルです!電解コンデンサーの極性を何回も確認してみましたが、どう見ても「プラス接地」なので、思い切ってDC20V(何故か24Vにしませんでした!)をつないで見ました。「ビー」と言う出力音(ラインアンプと聞いていたので、<−10dBu>の正弦波を入力していました)と共に、慌てて電源を落とす破目になりましたが、その後オシロで出力を確認すると、とんでもなく歪んだ波形が現れました。入力レベルを落としてゆくと、何と70dB以上(?・・測定不能でした)の増幅が有るようです。

 基板が正常に動いたのでちょっと落ち着きましたが、逆に期待で何かドキドキしてきました!!   ・・・つづく
1

2008/9/12

ラインアンプ  プロオーディオ

 最近マイクプリアンプの説明をすると、「ライン入力はありますか?」という質問を良く受けます。以前はラインアンプの存在意味自体が「ゲインが変わらないアンプに何の意味があるの?」と言う意見に集約されていましたが、だんだんラインアンプの意義を理解する方が増えてきたのかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
 いままで幾つかのラインアンプを作ってきましたが、それぞれ個性のあるキャラクターはEQでは作りえない音の変化を与えてくれました。特に最近はデジタル音源やPCミックスなどデジタル化が進んだ為、俗に言う「デジタル臭さ」を消してアナログ風に色付けするための使用法が多いようです。しかしマイクプリアンプやEQ、コンプほど劇的な変化は無いので、まだまだメジャーにはなれないようです。
 ラインアンプの使い方で、以前興味深い経験をしたので紹介します。初めてNEVE(33416)のラインアンプを作った時、余りにも良い音だったので色々な音を通してみました。その中で一番印象に残ったのがリバーブです。当時個人的にはYAMAHAのREV-7を持っていましたが、出力にラインアンプを繋ぐことで、レキシコン480Lの音になったような気がしました!!
クリックすると元のサイズで表示します

 嘘か本当か試してみてください!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ