2009/9/5

27QU71  プロオーディオ

 クリックすると元のサイズで表示します

 沖電気のアンプ基板「27QU71」をラッキングしました。オリジナルのままでも十分満足できる音質なのですが、ついついRECAPをしてしまいます。コンデンサーはもちろんシルミックで、交換して気が付いたのですが、やはり古いコンデンサーからは液漏れした痕がありました。1chなので中身は写真のようにスカスカです。

クリックすると元のサイズで表示します

 早速音を出してみました。灯を入れてすぐに音を聞いてみると、厚みはあるのですが少しこもっています。しばらくヒートランしてみると・・。来ました!来ました!!霧がスーッと晴れて、音が前に出てきます。高音域はさすがにシルミック、繊細で上品な感じです。全体的なイメージではBA283より柔らかな感じで、入出力トランス(タムラ製)を交換すればもっとシャッキリした音になるのでしょうが、この音もアリかと思います。
 ジャンクの割には掘り出し物で、ちょっと得した気分です!特に前にも書きましたが、最大出力が異常に高く30dBuをはるかにオーバーして測定不能です。多分トランスが鳴き出して何処からとも無く1kHzが聞こえてくるので、回路から火を噴く前に止めました!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ