2010/2/21

解剖?  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 
 ゲイン調整の出来なかった1588Cを「解剖」してみました。その前に私は1588Cを4本持っているのですが、同じ「C」でも2種類あることに気が付きました。見て分かるようにラベルが同じ銀色でも光沢とつや消しで、背丈も少し違います。長身で光沢のある方がいかにも新しそうなのですが、レベル調整が出来ません。背が低くつや消しの方が、今回1871で使用したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

 NETで調べてみると、<http://messageboard.tapeop.com/viewtopic.php?t=46949>に写真つきのトピックがありました。同じ「C」でも明らかに中身が違います!また1588Bの写真を見ると、「C」に比べてシンプルな(お粗末な?)回路であることが分かります。しかし「B」と「C」は、型番が違うので仕方が無いと思いますが、同じ型番で「長身」と「短身」の中身が違うのはおかしな話です。ちなみにこのトピックの最後のほうで、「1588Cはpush-pull回路ではないか?」という書き込みがありました。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ