2010/4/15

技術の進歩・・・  

 大分前から気がついていた事が有ります。時々若い人の後ろでミキシングを聞くのですが、全般的にドラムの「金物」が近くて大きいですね!ドラムは太鼓とシンバル、ハイハットなどが集まって1つの楽器なのですが、生ドラムを聞く限りスネアよりシンバルやハイハットが近くて大きく聞こえる事は無いと思います。意図的にバランスを変えているのであれば分かるのですが、本人はそうでも無さそうです。
 この2〜3年、音楽業界も少し立ち止まって後ろを振り向いているような気がするのですが、その前の10年間位は最悪でしたね。(・・と私は思っています!)どの曲を聴いても同じ様で、リズムトラックなどは使い回しかと思いました。制作コストとの関係でしょうが、DAW(当時はDTMかな?)で音源サンプルを詰め合わせ、距離感などまるで無し、全ての音が前面にへばり付いています!それに加え信号圧縮技術の進歩で町中にMP3が蔓延し、若者の耳を直撃しました。確かに振動を加えると音飛びしてしまう「CDウォークマン」に比べれば、圧倒的に便利ではあるのですが・・・。そんな環境で育った世代にしてみればハイハットは聞こえて当たり前であり、古き良き時代に「聞こえそうで、聞こえない!」ハイハットを追求していた世代としては、時代の流れを実感してしまいます。
 何の話しかと言えば、人間社会の便宜性を追求した技術の進歩が、実は人間を退化させているのではないかと思う事があるのです。デジタル化によって音が良くなったと言いますが、本当ですか?制作過程は圧倒的に便利になり、品質は劣化せずコスト・パフォーマンスは高くなりました。しかし最終出口である「音を聞く」行為に限って言えば、アナログの方が優位ではないでしょうか? 

 昨年5日間ほどレンタカーを借りて、初めての土地をドライブしました。カーナビ付で道に迷うことも無くバカンスを楽しみましたが、帰宅してから地図を調べても、何処を走ったのか全く分かりませんでした。

「カーナビ・ドライブ」は面白くないですね!
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ