2011/4/17

徹底的に・・・  プロオーディオ

 2ch1871を作るうえで、1つだけ不安があります。以前のブログにも書きましたが、時々ゲインスイッチを切り替えていると、信号が断になってしまうことです。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は2段目のAM283のゲインは切り替えませんが、回路構成に問題があるならば改修しなければなりません。半日掛けて1ch1871を分解して、原因を突き止めました。結論は10kΩのボリュームでした!ゲインスイッチを切り替える時、隣のボリュームに振動が伝わったようです。未使用品を使ったのですが、まさか内部で接触不良が・・!!
 とりあえずボリュームを交換してみてから、現象は出ていません。ロット不良品と言うのでしょうか?いろいろあって、飽きる事がありません!

クリックすると元のサイズで表示します

              「おまえが悪い!」
0

2011/4/16

製作再開!  プロオーディオ

 クリックすると元のサイズで表示します

 中断していた2ch1871の製作を再開します。1Uのケース加工は出来ているので、内部配線に移ります。まずアンプの構成ですが、1段目がALTEC1588で、アッテネーターを挟んで2段目がAM283です。AM283は増幅率18dBで固定し、1588のゲインを可変させます。1588は外付け抵抗で14dbから33dBまでゲインが変えられるので、6dBステップ位で4段階可変とします。この状態でアンプ全体のゲインを計算すると、最小で14+18+8(出力トランス・MARINAIR/T-1850の利得)=40dB、最大で59dBとなります。実際上最小でも40dBゲインが有るのは使いづらいので、頭に−10/―20dBのパッドを入れることにしました。その結果ゲインステップは、20・30・40・46・52・59dB(凡その目安ですが・・)となります。
 そこで6接点2回路のロータリーSWを使い、片側の回路で1588のゲイン切り替え(14/14/14/20/26/33dBの6段階)、もう1つの回路でPAD切り替え(−20/−10/0/0/0/0dB)をします。この2回路を組み合わせる事で、上記の6段階ゲイン切り替えが可能になります。

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ